なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

ホイール検討ライド

先日、買おうかどうかと検討中だった某高級ホイールをなんとお借りすることが出来る機会があり、それが店員さんの私物だったもので、多分借りたらこれ買わなきゃ行けない流れだ…と思いつつも有り難くレンタルさせて頂いた。だってディスク用なんてなかなか見ないどころか借りられる機会なんて無いに等しいのでね。

予定では当日の朝借りて装着してもらい、1日乗って返す予定だったんだけど、その日は午後から強風雨の予報だった為に無理言って前日夕方に借りて、早朝出発で昼返却という流れ。やはりディィィプ!なんで慣れないうちは風は避けたい。
お店に行って、チューブとタイヤとスプロケとローターを変えてもらって(さすがに工賃は払わせて頂いた)一度帰宅。家で旦那氏と散々眺め倒してオォォォ…とか訳分からん感嘆を漏らしつつ次の日の朝お一人様で出発。

漕ぎ出しは普通、すごく軽くなった!とは感じない。完成車のホイールと比べて重量差は300gくらいなので劇的に軽くなったというわけではないけど、ディープということを考えるとやはり軽い。加速していって30km/h近くなってくると、段々と脚に余裕が出てくる感じになり、速度が落ちにくく巡航の維持が楽になる。これは試乗会で同じホイールを履いた車体に乗った時にも思ったけど(その時乗ったのはホイールは同じだけど車体が軽いものだったからちょっと判断に迷った)やはりディープの巡航ってのは凄いんだなと改めて実感。
でもそのかわりと言うのか何なのか、低速時と下りの時のフロントに若干の不安定さを感じてそれが気になった。タイヤも元々使っていた28cだし、軽くてハイト高いせいかなー?と思ってはいたけど、結局よくわからんかった。(結果的に言うと最後には慣れた)

そんなこんなで、慣れた道を中心に1人ぶんぶん。予定していた折り返しに思いの外早く着いたのでもうちょっと足を伸ばそうかなぁと、自転車乗りに有名なちょっと景観の良い待ち合わせ場所まで行って休憩。おやつ食べながらしこたまイカツイ愛車の写真を撮り倒しまくる。
そしたら少し離れた所でこれまた愛車の撮影を始めたお兄さん(おじさん?)がいたので、どけますか?と声をかけたのをきっかけにお喋り開始。普段のライドの時は大体旦那氏と一緒なので、あまりこういうこと無くてちょっと新鮮。と思ったら車体のショップステッカーを見たお兄さん、ここ知り合い沢山いるよとの事でFB登録させて頂くと共通の知り合いが出てくる出てくる。世間は狭いなぁ。

すぐ帰ろうと最初は思ってたのに、何だかんだとそこで楽しく40分くらい過ごしてしまい、(その後のライドのお誘いも頂いたのだけど、悪天候予報だったしさすがに借り物で予定外の遊びに行くわけには…行きたかったなー)急いでショップに戻る。風が段々強くなってきて煽られ感も増してきて時々「おわっ」となる感じ結構怖いな。ディープの煽られは、抗うよりもいなすほうが良いらしい、とは言うけど難しいよね。

で、ショップに着いてホイールを戻してもらい、帰宅。既にヤバイくらいの暴風になり始めてて危なかった。こんなんじゃディープは怖いけど、まぁヤバイ程の風で怖い思いするなら普通のリムでもそこそこ怖い思いするし、と思ったら必要以上に怖がるものでもないかな、とも思ったり。

というわけで、やはりとても良いものだったので、コレに決定するか、ハブ違いの1つ下のグレードにするか、またはグレードはそのままでハイトの低いものにするか…非常ーーに迷うのでした。

---

で、非常に迷いはしたけれど、結局1日だけ悩み購入の決意を固めたので(と言ってもシェアする気満々の旦那氏がほぼ決定権を握っているという)同じものを注文。グレードを落とすかどうかも迷ったけど思い切ってしまった。
在庫があったので(でも在庫希少で今年最後のロットだったらしい…危ない)割とすぐ到着してうはうはと付け替えて貰う。

で、次の日ホイールのシェイクダウンに旦那氏と共に出発。余談だけど旦那氏はパワメのシェイクダウン的な。なんか色々ヤバいけど知らなーい。
だらだら低速だと恩恵は殆ど無いけど、追い風ツキイチだけどちょっと踏むと39km/hまでするりと出て焦る。あと体感よりも2~3km/h早いっていうのもわかる。長時間ある程度の速度で進んでそして先週感じた不安定さはほぼ慣れたかと。
正直身に余る代物なのだけど、あーなんかそのうちこれも慣れちゃうんだろうなぁと思うとちょっと寂しい。(贅沢)でもせっかく清水ダイブしてお迎えしたものなので、全力で頼りつつも大事に使おう。