なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

初めて100km走れた日

初めて100kmオーバー走れた。

***

80kmは全くの平坦でほぼ無風なら大丈夫という事が分かったので、100kmにチャレンジしようと旦那氏が言い出した。この週末は晴れて気温も高め、風も弱いとの予報なので丁度良い。何回か通ったことある車道とサイクリングロードを中心に、なるべく平坦な道で繋ぎ、飽きないようにご褒美も組み入れ、出来るだけ楽に走れるようにルートを組んでもらった。とは言っても100km、全くの平坦のみとはいかないので、多少のアップダウンはある。一番勾配がきつい坂がどうしても後半にかかってしまうのでそれだけが心配。
天気予報は午前中は少し強めの北風だけど午後は弱くなるとのこと。往路は南下し復路は北上する予定なのでそれは丁度良い。一気に折り返し地点まで行ってしまえる。
気楽に行こう、と出発。

東方向に少し進んだらそこから南下、広めでアスファルトも悪くない道をひたすら進む。途中止まりたくなるような風景もあったけど、体力のあるうちはどんどん進んでしまった方が良い。北風に乗ってしばらく黙々と漕ぎ、途中のパン屋でカロリー高そうなパンを1個補給。
その後更に下ったら今度は西方面に進む。ここからは知らない道で、ある意味峠越えのような感じになるので、先のわからないアップダウンとトンネルが続く。気力体力握力が少し削られた所でちょっとしたダウンヒルの先に急に海が現れる。もの凄く良い風景というわけではないが、鬱蒼とした山陰から海に出ると急に気持ちが軽くなる。そして暫く海沿いを走り、お昼休憩。お店は特にリサーチしてこなかったのでどうしようかと思ったけど、行ったことのある店の前を通ったら入れそうだったので、Uターンして入店。新しいお店の開拓も良いけど、安心して入ることが出来るお店があるっていうのも迷わなくて良いな。
ご飯を食べながら、あぁやっぱり少し疲れてるなぁと思う。出来ればゆっくりとしていきたいが、この先どのくらい自分が走れるか未知なので、あまりのんびりしない事にする。速度出せなくなるかもしれないし、途中休み休みじゃないと進めなくなるかもしれないし、なんせ暗くなるのが凄く嫌なのでまだ太陽が出ているうちに帰りたい。

で、アミノバイタルをチャージしリスタート。ここからは通ったことがあり知っている道なので、さっきよりは気分は楽。ただ散々走ってきた(自分比)この足ではちょっとどうなることか…。
再び海沿いを走ったら、川沿いのサイクリングロードを北上する。北風はだいぶ収まってきたので何とか苦しくなく走れている。途中少しサイクリングロードをそれてジェラート屋さんに寄り、ジェラートを食べながら休憩。正直ちょっと暑いなと思っていたので美味しく頂いた。
時間の余裕が意外と無くなってきたので、名残惜しいけど再びスタート。サイクリングロードを降りて今度は東に向かうのだが、そこのコンビニで一旦止まり軽く補給。補給と言っても、飲み物とできる限りのあらゆるドーピング…。もらい物のカフェイン入り補給ジェル、クエン酸、などなど。正直言うがくっそまっず!
何故なら、サイクリングロードを降りた後しばらく長いアップダウンが幾つか続くのでここで最後に奮い立たせなければ乗り切れない…。どうルートを考えても、ここだけは削ることが出来なくて、避けようとすると更に大きなアップダウンのあるルートか、異常な大回りになってしまいそれもしんどい。

そんなわけで、残り約30kmくらい一番キツいとこ。気持ちもぷっつりといってしまうと危ないので、気力体力ともにしっかり保たなければと。(以前ぷっつりした時にぐらっとして意味無くコケたし、ボードやってる時もぷっつりした瞬間逆エッジとかやっちゃってたので、その瞬間の怖さはよく分かってる。っていうかぷっつりしやすいから困る。)
カフェインのせいなのか何なのか、体も呼吸もキツいのにやたらべらべら喋る人になってた…。それはそれで注意力削がれるからまずいなぁと今になって思う。インナーローで登り切って足つくとちょっとプルプルしててコワイ。だめだもう呼吸よりも太ももの前と後ろとふくらはぎが終わってる。

とかなんとか自分の中で勝手に修羅場になりつつも無事プチ山岳地帯(笑)通過。残りの約5kmほどは心穏やかなサイクリングロードである…が、日が暮れてきたよおい。これまたぷっつりしやすい要素が満載なので心保つのがつらかった。ちょっと心弱すぎだろう。
最後に橋の上で綺麗な夕日の写真を撮り、日没ギリギリで家に到着。トータルで103.5kmだった。8時間くらいかかったけど、やってやったよ…!とうとうロングライドのスタートラインに立てたよ…(涙)

ワガママルートを引いてくれて、アテンドしてくれて、励ましてくれて、風よけになってくれて、休むかと気遣ってくれて、無事最後まで付き合ってくれた旦那氏には感謝感謝である。
だが、そんな旦那氏も実は今回が初100kmオーバーだった。100km行きそうで行かないっていうのは数回あったらしいけどちゃんと超えたのは初めて。っていうかいつまでも私に付き合ってたらあんた上達しないしどこにも行けないよ(笑)

次の日は下半身が完全に筋肉痛でヨボヨボだった。でも幸い膝や股関節などの節々はあまりダメージは無いみたい。ヌルいルートとはいえ、100km走ってこの程度ってことは今のサドルのポジションはきっと合っているんだろうなと思う。

そして、その後焼き肉やらスイーツやら暴走しまくり前日の消費カロリーを全部台無しにする駄目な人間なのだった…。