なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

新春ライド

走り納めの精神的なダメージが残る新年。天気も良く風も比較的穏やかなので先日の走り納めで折り返した先へ行ってみようとの旦那氏からの提案。完全に死亡した往路の坂ルートは避けて(交通量は多いが比較的坂は少なく距離も短い)復路は先日のルートを通る(距離は少しあるが道は広くCRも通るので安全、往路ほどではないが坂がいや)という感じ。

なんかあまり気は進まなかったけど、天気の良さにつられて出発。往路はまだ心身ともに元気なので車道も先導がいれば大丈夫。到着地点で美味しいもの食べる!との一心でペダルを回す。

途中、駅伝の交通規制が始まりかけていて、大勢の観客が歩道で旗を振る中、車道を下って行くのは何だかロードレースのようでちょっと面白かった。
で、わりとあっという間に海に着く。空は青いし日差しは暖かいし海はキラキラだし気持ちいい。ロード乗りも沢山すれ違う。グループも女性も多かったなぁ。
暫く海岸線を走り、お昼ごはん。まだ三が日だし時間も早いから開いてる店に飛び込んでしまおうと探しお店発見。自転車置き場には既にロードが何台も駐めてあって満車状態なので、ちょっと無理かなと諦めかけたらお店の人が出てきて普通に店の前に駐めさせてくれた。
ロードバイクを駐める」ことにあまり慣れていないので、こうしてスムーズに案内していただけるのはとても有難い。お店の中にはロード乗りさんの多人数グループ。男女半々くらいで楽しそう。普段はジャージだとアウェー感があるけど、今日は逆でちょっと不思議な感じだった。お昼ごはんは海鮮系の定食。美味しいし海も近いし風景も雰囲気もいいし満足。

さて、この時期は日が短いので早めに帰路につくのは大事。暗くなるし冷えてくるし。なのでお昼を食べたら帰る方向で動く。もう少し乗れるようになって、暖かくなったらこの先に行ってみたいけど。
何か甘いもの欲しいと思ったけどあまり詳しくないし、思い当たる数少ない店も三が日はお休み。なのでまぁ良いかと途中見かけたマックでフルーリーを食べたけど記憶の中よりもずっと美味しく感じてしまった。

帰りはこの間死んだルート。でも旦那氏にゆるめに走ってもらい、恐々ながらも後ろに張り付く。走り納めの時初めて思ったけど、やっぱりスリップストリームって凄いんだな~と。今まであまり感じたことなかったから今更ながら感心した。
なので体力の消耗は多分最小限。その先の連続した坂は旦那氏には先に行ってもらってマイペースで呼吸整えながらゆっくり登って下りる。再度川沿いに入り、そこはかなり風強かったけどそこもなんとか頑張って張り付いてクリア。無事に帰還!
83km走って、前回に続いて最長距離と高度更新。帰り引いてもらったおかげでもあるけど、前回よりダメージは少なかったように思う。(それでもやっぱ次の日はガタガタヨボヨボだったけど)

1つの目標である100kmが、少し見えてきた気がした。