なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

11/5 久々に中距離ぽた

この週はずっと天気が良く、週末も快晴だったので久しぶりに旦那氏とちょい長め(自分比)のライドへ。
服装は、上はコールドギア(薄)+モンベル長袖ジャージ、下はモンベルのあったかタイツ+スェットの短パン、カペルの遠赤靴下。ユニクロパーカも持って行ったが気温が18~20℃くらいで晴れていたので結果的には暑かった。あと格好が全体的にもさい。

ルート引いて貰っていることもあり先に行って貰う。案の定ソロよりも若干強度高め。(自分比)長続きしないかも…と思ったけど、旦那氏は全然ぬっるぬるだったと。一昨日ソロ80km↑行ってきた時はもっと強めだったと。そうですか。
ひぃひぃ言いながら途中ブッちぎられながらも、まぁ途中から川沿いなので何とかついて行き途中スタバに寄る。家の近くにもあるから別にわざわざ行かなくても良いんだけど、日常の範囲内にあるスタバって何となく勿体ない気がして一度も行ったことが無い。

サンドイッチとラテでしばし休憩の後再出発、しようとしたら何故か無音でチェーンが落ちていた。それもフロント。何故だ何故なんだ、と2人で「???」となりながら直す。(旦那氏が)いつのまに?着いたときは普通だったよね?なんて。多分自転車を互い違いに止めた時ペダルか何かが引っかかってたんだろうな。気を付けねば、1人の時だったら泣く。

しっかし、風強い。ここ最近天気予報見ても風強めだったけど、それ程でも無かったこの日も強くてしんどい。いつもの平坦コースと違って多少の上り下りもあるし、消耗が早い。体力なさすぎるよ…と呆れたように言われたがそれは重々承知だし何度となく言われてる。それでほんとに来春には100km↑走れるの?と…。最近は前より頻繁に走りに行ってるから大丈夫と思ったけど甘いわ。普段ももっと強度上げないと意味無いけど、疲れからの回復が鈍いし、どうしたものやら。

んで、折り返し地点について休憩。特に見る物も食べる物も無い所だけど景色だけは良い。ぼーっとしていると天気は良いし風は程良くそよそよしているのでまったり眠くなる。野良猫に構おうとしフラれ続ける旦那氏を横目に自分は精神統一(半寝ともいう)。

帰りは同じルートで戻ったけど、川沿いは普通の散歩とか犬の散歩とかジョガーとかママチャリ奥さんママチャリ爺さんなどなどでみっちみち。のろのろスラロームで切り抜けたけどママチャリ4ワイド+1とかほんとやめて。
で、地元に戻り実家でお茶菓子をねだり帰宅。約51kmだった。ふと腕見たらグローブとジャージの間日焼けしてる…!夏の間あんなに気を付けて無事やりすごしたのに最悪だ。モンベルのジャージ若干短いから油断してたわ。ちなみに右だけで、左はビボスマさんにひっかかって素肌出てなかったらしく、焼けてなかった。顔はこってり塗った上で更に烏天狗マスクだったから大丈夫。多分1年中の大半をこのスタイルで乗り切る気がする。

なんか、晴れてて暖かくてコンディションも悪くなかったのに「あぁ楽しかった!」っていうのがあまり無くてひたすら疲れてしまった。太ももの前と横が痛い。いつもより距離長めな割にギアチェンジが下手だったり風が強かったり、トルク強めだったからか。まぁ、いつもがどれだけヌルいんだっていうね。
あと、いつもそうなんだけど、トレーニング以外のポタ的なルートを引いていると、適度な休憩とか、ご褒美的なものとか、遠すぎない距離でそういうのが上手く見つからない。そういう計画が上手くいけば中~長距離ライドが楽しくラクになるんじゃないかな、と思うのに。

そして次の次の日辺りに急に寒くなり風邪を引く。あーあ。