読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

シフター交換とハンドルバー

タイヤを変え、装備も徐々に揃ってくると走行距離が伸びてくる。そうなるとまた新たな悩みが出てくるのは世の常。

 
シフターなんとかしたい。グリップシフターで使い心地は悪くないんだけど、頻繁にシフトチェンジするようになると親指の付け根が痛くなってきて、段々慢性化してくるようになってしまった。
あと若干の登りや急加速したい時、グリップをぐっと掴んで…なんていう時うっかりゴゴゴッと回しちゃって最重とか焦る。特にそれが漕ぎ出しの時だった時の絶望感は異常。ということを防ぐ為気を遣ってたらまた手が痛ぇ。
 
なんつー愚痴をぶちぶちとこぼしていたところ、「じゃぁシフター変えよう」と旦那氏。これ自分で出来そうじゃない?と、さくさくとラピッドシフトとエルゴンのグリップを入手。シフターの箱をぱかっと開け中身をびろーんと出して、
 
「ごめん無理やれる気しないw」
 
諦めるの早っ!
 
どうしようもないのでそれらを持って近くのあさひに行くのでした…。
部品持ち込みで交換を依頼し、ついでなのでハンドルバーを片方2センチずつカットしてもらうことに。(色々考慮するとこれが限界)手首に負担がかかって疲れやすいのは、ハンドル幅が広いせいもあるのかなーと。
ハンドルポストも切ってしまいたいところだけど、畳めなくなるのでそこはやめといた。
 
まぁ特に何事もなく普通に仕上がり、さてどんなもんかなと試しに軽く乗ってきた。
やっぱり、シフター良いね。グリップシフトはチラチラ見ながらカッチカッチと回していたけど、これは軽くレバーに指かけるだけだから。ハンドルバーも短くしたら腕と手首が前よりラク。
バーをカットした件は、初めて乗った時のようなハンドルの不安定さはあって、クイックな感じは否めないけどそれは慣らしていくしかない。
 
で、グリップに関しては一件落着したんだけどね。(続)