なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

夏場の日焼け対策と顔面塗装

女性サイクリストは、夏場のメイクはどうしているのか。

この時期になると、皆どうしているの?とか自分はこうしているとか、そのような記事を目にする。夏場も頑張る女性サイクリストっていうのがあまり多くないのでそれらの記事をそれぞれ興味深く読ませて頂いている今日この頃、誰も得しないと思うけど自分のことも一旦まとめてみようかな、と。(別に夏場頑張っているわけじゃないけど)

ちなみに日焼け止め対策はあまり去年と変化無し。 
でもヘリオケア頻度低くなったのと(気休め程度なので価格の割に効果に疑問)、塗り直し用の日焼け止めの携帯は、スプレーはやっぱり嵩張るのでやめて、若干安めのものを小さい容器に詰め替えて持参するようになった。


メイクをしているかしていないかとざっくり言っても、ベースのみでポイントはしないとか、ベースでも日焼け止めのみとか、時と場合によって違うとか、色々と解釈はありそう。モチベUPの為にほぼフルメイクという方もいらっしゃって、尊敬するし意識高くて凄いなぁと思う。

で、自分はどうしてるかというとだ。
ちなみにスペックをざっくり晒すと、40代前半、色は白い方、それほど乾燥肌ではないけど若干アトピー肌、キメ粗め、クマ多し。
スキンケア意外のものを肌に乗せることをメイクするという前提で話をするとして、何故メイクをするかと言うと、まず大きな理由として日焼け防止の強化。あとは普通に外出する時そこそこのメイクをするのと同様。でもまぁだからと言って他人をどう思うかと言うと別にどうとは思わない。周りの女性サイクリストの中では全くメイクをせずすっぴんのまま健康的な小麦色を保っている方もいれば、それなりのご年齢でしっかりばっちりメイクしている方もいる。(しかも崩れないのが凄い)どちらも素敵なのである。

自分は普段メイク必須では無い仕事環境なのでしないけど、スキンケアはしっかりやらなければとは思っている。面倒でケアを怠ってしまったり、どうせ誰も会わないしと朝から顔を洗わず仕事に没頭してしまったりなどは時々あるけど、やっぱり普段の肌のコンディションによって、過酷な状況に晒した時の耐性が全く違ってくると思う。ライド前ライド後のケアだけ頑張るというのは無駄ではないけど、ベストではないなと。カーボローディングとかウォーターローディングとか、そういうものと似ているかな。

で、前提長々書いちゃったけどやっと本題。
基本は普段の化粧水と、部分的な保湿。(冬場はがっつり保湿)
そこから先ついては時と場合によると書いたけど、自分の場合は、
●誰にも会わないと思われる短時間の練習程度。
  →日焼止めのみ顔と首と耳にぬりぬり。
●半日くらいの中距離ライド。(ソロか旦那氏と2人の場合)
  →↑にプラス、パウダーファンデーション。
●複数人での中距離ライド、丸一日の長距離ライド。
  →↑にプラス、マスカラと眉マスカラ、ティントリップ。時間があればチークとアイシャドウをささっと。そこそこ写真に写るかもしれない危険性があると思うとある程度何とかしといたほうが顔のっぺりよりも見苦しくないかなぁと…顔色も悪く見えるし。

そんな感じで結構シンプル。まぁあまり良い方法を知らないってこととライド前の時間って結構ばたばたしてるんでこんなものかなと。
化粧水は今のところハトムギ化粧水をたっぷり、部分的な保湿はアイクリームとヘパリン類似性物質を含む乳液(紫外線に対してどうかは分からないけど、これ塗らないと部分的に真っ赤でガッサガサになるので自己責任で使用)で整え、日焼け止めは勿論アグレッシブデザイン1択。


最近楽天Amazonでも売り出したんだなー。
(っていうか出店している店舗が扱いを始めたってことかな?)

ファンデーションは、パウダーはライド時にしか使わないしなぁと思ってケチってしまったので、一応UVカットで崩れに強いと謳われているプチプラパウダーファンデーションを水有りで。リキッドやクリームは、日焼け止めがちょっとベタつくので不向きかも。
マスカラと眉マスカラは滲みにくいフィルムタイプ(ただカール力に劣るので本当はまつげパーマかけたい)、眉は描かなくても怖くない程度にはあるので、書き足しはせず整えるのみ。ティントリップはDSで買った適当なものだけど、最初に塗って暫く置いて軽く拭き取って普段のUVカットリップクリームを重ねる感じで、塗り直しはUVカットリップクリームのみ。
アイシャドウやライナーは、普段もあまりやらないのでよほど時間があるときのみ。チークはすぐ取れてしまうし、夏場は常時真っ赤な顔してるので多分要らない…。

土台のカラー調整もしないし、ポイントメイク少なめなのでひたすらのっぺりとした顔面になってしまうんだけど、汗拭いたりフェイスカバーしたりするとある程度は崩れてしまうので、その見苦しさよりはマシかと思ってこんな感じ。崩れと言えば、汗を乱暴に拭わなければあまりベースが崩れる事は無いので、もしかしたらアグレッシブデザインを土台にするとそれ自身が汗水にめちゃくちゃ強いのでかなり保つのではないか…と薄々思っている。

塗り直し用の日焼け止めについては、あまり必要無いかとも思うけど一応詰め替えて持参。ただし、アグレッシブデザインではなくてドラッグストアに置いてあるようなものでFPS高めでウォータープルーフのもの。アグレッシブデザインは旦那氏が手足にも使うので結構消費が激しく、1度塗ったら塗り直しは比較的安い方でいいかなぁと。(ちなみに旦那氏、曇の日や短時間の日は安いほうを手足に使用)
ライド中酷く汗をかいたり顔を強く拭ってしまった時は、余裕があれば肌のザラザラ(塩とか砂とか)をさっと洗って、頬と鼻の頭だけ塗っている。

と、何だかんだと書いた割にこの手のことは万年模索中なのだ。でも日焼け止めについてはこのアグレッシブデザインが発売されてから割とすぐ飛びついてしまったのだけど、それから使い続けている。ファンデーションも、もっと崩れなくてお財布に優しいものは無いかとか、目元はもっと真面目に何とかした方が良いんじゃないかとか、それならどんな汗でもにじまない流れないなんていう神がかったアイテムはあるのかどうかとか、色々と。

あ、忘れてはいけないのが帰宅後のメイクオフ。日焼け止めが強烈なのでこの時だけはオイルクレンジング(専用じゃなくてももっと安価なものでOK)でしっかりマッサージしつつ落とし、洗い流している。これは旦那氏も一緒なのでオイルクレンジングの消費もまた激しい…。あとオイルは肌荒れしやすいので、シートパックでケアすることも多い。念には念を入れて!
数年後に後悔しないよう、できるだけのことはやっておこう。