なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

日焼け対策2017

さて、日焼け対策の話でも。

***

2016ver.はこんな感じだった。


***

2017verだと言っているからって何か大きく変わったわけではないんだけど、取り敢えず今のところはこんな装備で落ち着いている。
メリットとデメリット含めてメモ。

サプリメント

引き続き飲む日焼け止め。


基本的に肌は覆っているので明らかな効果っていうのは正直わからないけど、中距離ライドの時は途中で飲み直すか飲み直すのを忘れるかで、頬の赤みやちょっとはみ出してしまった手首などに違いがあると思う。
指先(特に人差し指)は日焼け止め塗りにくいし塗ってもすぐ落ちるので、うっすら焼けてはいるけど意外と酷くないなという印象。
ビタミンDを含むものを選ぶかどうかは正直微妙だけど、服用するのはライドの時だけだし普通のマルチビタミン系のサプリもあるので大丈夫かなと勝手に思ってD無しのものを使っている。こちらも自己責任だけど。

***

あとは、Lシステインやビオチン、ビタミンCを普段から飲むようにしている。

 


サプリメントの効果って分かりにくいけど地道に続けていくしか無いんだよね。
Lシステインは、ハイチオールCとかに含まれる成分。ハイチオールCの美白成分はあまり多くない上に高いから、その成分だけ安価で手に入る海外サプリがお勧め。メラニン色素の減少による弊害(白髪等)を防ぐのにビオチンを一緒に取るのが良いとされているので、こちらも併用。(ちゃんと立証はされていないようなので自己責任)
ビタミンCはコストコ行った時にカークランドシグネチャのものを買ったりとか割と適当。コストコブランドは安いし。日本のサプリメントって、含有成分が少なめなのに高いって印象かな。そうでないのもあると思うし安心感で言ったら国産が一番なんだけどね。

■スキンケア


これも引き続きこちらを使用。去年はピンポイント使用だったけど、今年は旦那氏と共にがっつりと。特に旦那氏は今年の夏はピチパンに開眼してしまっているので、足は丹念に塗り込んでいる。それでも日差し強いと痒みがあるけど、塗らないよりは全然ましとの事。(軽い紫外線アレルギーで足と腕と首筋が痒くなる)腕はほぼアームカバーなのであまり塗らないけど、カバーとグローブの隙間が激しく面白日焼けと化している…。
私も顔はがっつり塗り込んでいるけど、ほぼフェイスカバーをしているのでそれ程効いているとは感じないかな。でも息が上がったり、友人と一緒だったりすると外している事も多いのでその時はある程度安心は出来るかなと。

クレンジングは専用のものを、との事だけどちょい高価…。二人とも使うししかも旦那氏は使う範囲が広いので市販のオイルクレンジング使用。自己責任ではあるけど取り敢えず二人とも使用感や落ちに関しては問題無し。
でも自分はオイルクレンジングあまり合わなくて、顔が部分的に赤くパサパサする。クリームクレンジングをダブル使いしてみたら?とサロンのお姉さんに言われたけど、面倒だよなぁ。それは未だに悩み所。

***

あと長時間ライド用にドラッグストアで売っているような小さいスプレー式の日焼け止めを持参。


ノンガスタイプならコンパクトだし、ある程度高温になっても大丈夫かなという気もする。効果はあると断言出来るわけではないけど、アグレッシブデザインを最初に塗っただけでは長時間ライドになると不安かなという時は使いやすくて便利。休憩時にささっとスプレーするだけ。ちょっとベタつく感じなので使用感は好き好きかなー。

***

普段のスキンケアは、中程度の値段帯のものをいくつか試して(高価な物は良いものがいくらでもあるのは当然だけど、資金や労力を考えると…)肌が拒絶しなくて使い心地の良いものは結局無印良品になってしまった。取り敢えず美白用をラインで揃えてこちらも地道に使用中。

メイクだけど、真夏になってとうとうファンデーション止めてしまった。ファンデーションで更なるUVカット効果を狙っていたけど、真夏はもうあっという間に悲惨なくらいどろどろになってしまい、これならもう日焼け止めだけで良いわ…って。

■ウエア、小物


こちらも引き続き去年より使用中。肌触りも良いし意外と生地もヘタりにくく良いんじゃないかな。ただ、ロードバイク用にしようと思うとやはりもう少しカスタマイズが必要で、現在バージョン3みたいな感じになっている。
普通の姿勢だと大丈夫だけど、前傾姿勢になって且つ後ろでまとめた髪の毛も一緒に収めてしまいたいとなると、後ろ部分の長さが絶対的に足りない。(まぁ顔の幅が広いっていうのもあるけど)今まではベルクロの位置をずらして対処していたけど、それでも足りないし髪の毛やジャージを巻き込みやすくなっていまいちだった。なので、洗えるフエルトを丁度良い大きさにカットしたものを用意して強制的に延長させる作戦に。見た目「?」な感じだけど背に腹はかえられない。そんなものだと思ってもらえれば良いのだ。何度か縫い直したりフエルトを買い直したりしたけど、取り敢えず安定。まだ改善の余地はあるけど、試しつつ縫い直しつつってかなり面倒。もともと裁縫全くやらない人だから時間もかかるのだよ…。
こんなに手を掛けた物なので末永く使えるといいな。

***

パールのアンダー。


初夏くらいから愛用中。なんだけど、買った時の感想でも述べたようにやっぱコウジャナイ感っていうのは少々ありまして。
まず袖、コールドブラックなんだけど、レッグカバーやタイツのようなピッタリ感やストレッチ感が少なく、生地も厚い感じ。直射日光が当たっている時は割と熱さは軽減されているんだけど、ただ単に気温や湿度が高いだけの場合は熱がこもっているような気がする。
ホワイトか、プレミアムじゃない方が暑さはマシかも。旦那氏はそちらのブラック使用中だけど、自分のよりもピッタリしていて薄手。でも手首のオモシロ日焼けとうっかり半袖で走った時の日焼けを見ると、UVカット効果は問題無さそう。
ものは悪くないんだけど、微妙に合わなかったかな。安くないのにねー。

***

足元。
今年はビブを買ったので、それ用に。


あとはいつものタイツを引き続き使用。


足は絶対出せない…日に焼けるのも嫌だけど、生っ白い太足を晒すのも恥ずかしいし。あとコケたりしたら大惨事だしな。
タイツ系のコールドブラックは、伸び伸びぴったりで使用感は良し。何故こっちはこんなコンプレッションなのにアンダーシャツはあんなんなのでしょうか。

あと日焼け関係無い話だけど、最近は行く場所やご一緒させて頂くメンバーによってスカートや短パンを履いたり履かなかったりするけど、基本的には履いてる。チャリ乗らない友人には大抵「あの格好でお店入るの?うわぁw」みたいな反応を頂くので、一般的にはそうだよね…というわけでやっぱせめてピチケツくらいはぼんやり隠さねばと…。

***

そんなわけで日焼け対策2017でした。
まだ気になるモノなどはあったりするけど、資金的に枯渇していることもあり多分打ち止めー。