読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

ショップライドで走り納め

さて、行きつけのバイクショップで「忘年ライド」なる走り納めイベントがあるとな。どうせまたガチ勢がヒャッハーするアレでしょう…と思っていたら、今回は所謂「うさぎさんチーム、かめさんチーム」が存在するらしい。(さらにうさぎさんチームには、うさぎさんチームハイパーが。)基本的にルートは、全員でショップ出発→車道→川沿い→車道→川沿い→途中の休憩所で合流&休憩→チームごとに分かれてライド(ここからうさチームの本領発揮。)で、帰還という流れ。
人数は、途中から参加の人も含めて20~25人くらい。その中でですね、何とかめさんチームは4人(笑)私絶対ショップ選び間違えたよね?あとはアテンドにショップ新人店員さん、サポートにベテランさん(前日某半島一周したんでその回復走ですって)という構成。いつものまったりライドでよく一緒に走っている夫妻、奥さんは不参加で旦那さんだけ来たのだけど実はめっちゃハイパー組だった…。

かめさんチームは休憩所で分かれたらそのまま来た道を帰還し往復約70kmのコース。うさぎさんチームはそのまま進み往復約120km地点くらいの場所まで。ハイパーな方々はそこからアップダウンの激しい周回コースを好きなだけ堪能するというガチ以外の何物でも無い企画。(まるっと店長の趣味)

さてかめさんチーム、メンバーは4人だけど夫婦二組。走力が乏しい女性側に男性側が付き合うという形。ってこたぁ実質女性2人だけじゃないのかめさん…?

そんなこんなで出発。最初は通り慣れた川沿いの道だけどとにかく風が強くてどんどん体力が持って行かれる。そして寒い。川沿いを一旦降りて車道へ。ここはガチ勢の皆様が取り憑かれたように爆走しまくっている恐怖の街道。道はあまり狭くないが恐ろしい程のアップダウンが繰り返される。何となく予習はしていたものの、予想よりもものっっっっっすごい死んだ。つらいっていうか死んだ。腰と太もも両脇が消し飛んで呼吸が異音を発してる。

 私「すまっせん、もうだっ、はぁはぁ、めかも、かも…(息上がって何言ってんのか不明)」
 ベテランさん「何言いますかぁー大丈夫もうすっこしーほらもうすっこしー」
 私「…(はーぁはーぁはーぁひーぃひーぃひーぃ)」
 ベテランさん「お、頂上ですよーここ過ぎたら暫く平地ですよー」

何とかふらっふらで登り切るも(がっくがくで信号でコケかける)確かに緩い下りか平地の後再度やってくる登り坂。あぁ、回復してないよ、っていうか回復する気なんかしないよ、とマジで涙目になりながらまた登る。グループライドってこういう時どうしても頑張らないといけないからしんどい。自分1人か旦那氏と2人だったら絶対足着いて休憩挟むレベル。(だからいけないのか)

こんな感じを3~4回繰り返し違う川の川沿いに到着。完全にうさぎさんチームが待ちくたびれて凍えているごめんなさい。
少しだけ休ませて貰ってから、次の合流地点の休憩所へ出発。あぁ、平地って素晴らしい…今までに比べたら天国のようだ…と1人ほっこりして気づく。あまりにも調子が良すぎる。「あぁ…激しい追い風なんだね今」

復路に待ち受ける試練に目眩がしながらもとにかくペダルを回す。天気は良いし気温は低いけど日差しは暖かいし、景色も良い。くっそ、今を楽しんでやる!と思っても連続登り坂のダメージで上手く足が動かない。ダメージ引き摺りすぎだろう。
で、まぁ本当に気持ちのよい景色を眺めながらあっという間に中継地点に到着し、先に着いているうさぎさんチームと合流。ここからはうさぎさんチームは先へ進み、(巡航速度が10km/hくらいUPする)かめさんチームはもと来た道を戻ることに。あれをまた戻るのか、とちょっと憂鬱になったけどなっても仕方ないので頑張って戻るしか無い。

案の定、激しい向かい風。ゴーっと吹くとすぐちぎれる。その度に一番後ろのサポートさんがやってきて励ましつつ引いてくれる、という何という優しさ…。いやどんだけ迷惑かけてんか自分。
で、往路で死んだ坂道の連続に再び殺され、川沿いの横風になぎ倒されかけ、ダメ押しの北上で前後共に完全にちぎれ飛んでバラけるという、ぽんこつにとっては割とデスライドかっていう状態。間違い無く今までで一番ツラいライドだった…。なのに男性側はケロリとしていたよ。旦那氏に至ってはアテンドさんの後ろにくっつきっぱなしだったので、全然疲労していないって。私ちぎれてんのに-!

そしてショップで解散。気合いで家に到着するも、まだ昼過ぎなのに2時間くらい風呂でゾンビになり、夕飯に近所のファミレスに引き摺って行かれ、早々と就寝したのだった。なにもかもぽんこつな私の走り納めはこれで終了。
まぁ、こんな感じで色々ツラかったけど、多人数も楽しいし、知らない人と走れるのも新鮮だし、想像もつかないような高価なロードバイクが大量に並んでいるのを見るのもテンション上がるし、結局は楽しかった。そして今年最後にして最長距離&最大獲得高度更新。しかしFBもSTRAVAもおっさま率が急激に上がったのは気のせいかね。

2016年、ロードバイクを手に入れてから9ヶ月、(途中夏場の空白期間が結構あるが)自分になりにロードバイクに乗ってきた。目の前にニンジンをぶら下げつつまた来年も頑張ろう。1つの目標もあるし。(あ、Routeさんも忘れてないよ。寒いので稼働率が下がっているけど。)

良いお年を。