読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

ここ数日のちょい乗りメモ Vol.6

ぽたりんぐ

ちょい乗りメモは特に期間を区切って書いているわけではなく、いくつネタ出来たら書いてるっていうわけでもなく、(ムラがあるんで)まぁ適当。
ロード買って約○ヶ月、ほぼ週末ちょろっとしか乗ってないので未だにヨロッヨロ。距離よりも回数だとショップのお兄さんに言われたハズなのにできてないー。

7/16 ~連休だけど籠もる~
引っ越し貧乏だし、家ん中細かいとこまだ片付いてないし、旦那氏は何故か風邪引いてるし、3連休は遠出しません。夕方1人でRouteさん引っ張り出して用事と買い物がてらだらだら散歩して実家でアイスたかって帰宅。色々と近所散策したくても、暑いし疲れる…。
Routeさん、ブレーキの利きが悪い。あと握りこむと前後とも鳴るようになってきた。4速くらいのカッコンカッコンも相変わらず。5〜8速の変則が不安定。それとペダルを踏み込むとギッシギッシする気がする。急に本格的にダメになってきた。本当はここまで引っ張ってはダメなんだけど。危ないし。

7/18 ~久々に1人~
何となくやる気出して夕方からDolceさんと出かけてみる。(準備するの面倒)家出てから300mくらいからプチ迷子を繰り返して川沿いへ。いい道ないかと思ってぐるぐる回ってみたけどわからん。そのまま下流へブーンと走って行く。夕方とはいえまだ気温も湿度も高いからもわっとしていて息苦しい。まぁ日光が弱いからまだマシなんだけど。川沿いはそれほど狭くないとはいえ、ジョガーさんが多くて割と気を遣うのでそんなに速度は出せない。
行けるとこまで行って川沿いから逸れ、国道を走るがやっぱり大きな道で車が多いと怖い。旧居時代に通っていた環状線は、広いけど車通りは少ない場所もあるし高架下だとそもそも車いなかったりするし、アップダウンは多いけど今思うと割と走りやすかったのかも。適度なトレーニングにもなったし。
で、国道やら高速下やら通り工場街付近に出てみたり。(正直グーグルマップ頼りで迷子)休日だからトラックとかはあまりいないけど、平日だったら結構怖そう。
しばしぐるぐるしてから再び川沿いに出て普通に戻り帰宅。やっぱりアップダウンないとあまり疲れないかも。旧居は丘の上な感じだったから帰りは必然的に長い登りになり、帰宅するとしばらく汗だくでぜーぜー言ってる状態だったけど今はそれほどでもない。平地で物足りなくなって坂成分を求めに人々は山へ…ってこういうことなのだろうか。
約22km

7/24 ~ホイール変えた~
ぞんだぞんだー!
で、試走を兼ねてショップへ。もう向かい風怖くない!…?

7/30 ~涼を求めて求められず~

湖畔を回る
あづい。

8/3 ~Gamin先生こんにちは~
ゲリラ豪雨多発中のここ数日、やむを得ない用事のためRouteさんを引っ張り出し、届いたばかりのGarminを本体の設定だけしてそのまま連れ回してみた。最初のログがこんな適当で良いのか。
Routeさんはお気楽で良いなぁ。15km走行とか超楽しい。

8/4 ~Garmin先生本格的にこんにちは~
520先生導入
自分のぽんこつ具合が数字として表れると少し凹む。これが現実。

8/12 ~金欠お盆休み~
お盆休み中、1回は早朝中距離お一人ライドを決行する!と決めて宣言していた。でもその場合何かあった時の事を考えて、サポートカーa.k.a.回収車(a.k.a.旦那氏←酷い)という立場の者がいつでも出動出来るような環境であることが望ましいので、日にちや時間を選ぶのだ。
んだけど何故か旦那氏、俺も行くとゴネる言うので午前中川沿いを36kmほど走る。暑いからやっぱお昼までにはもたない。早朝が良いけどそんな頻繁には起きられないし。
川沿いとはいえまだあまりよく覚えて無くて、あーここダートだったじゃんとかこう避ければ大丈夫とかそういうの把握出来ればもうちょっとスムーズに通れるかなと。まぁまだ2~3回くらいしか通ってないからわからないけど。

8/15 ~中距離お一人様ライド~
朝5時半頃に家を出ようと起きると、オリンピック見てた旦那氏と入れ替わりだった。大丈夫か回収車と思いながらも予定通り早朝お一人様ライド開始。
雨は降らない予報だけど雲が多めでどんよりしており、湿度が高めでねっとり感半端ない。でも気温自体は低くひんやりしているくらいなのでどちらかというと快適。
いつも通りの川沿いよりも、早朝だと交通量が比較的少ないのではないかと思い環状線へ。その方が距離的には全然短い。環状線を下って某S駅付近から川沿いに入り、暫く進む。こんな時間に起きたこと無いから、思いの外ウォーキング人口が多いのにちょっと驚く。
そのまま特に何事も無く順調に川沿いを進み、何となく決めた目的地に到着。山っぽいというか田舎っぽい里山風景を眺めながしばらく休憩し、(早朝なので人も店も動いてない)再び出発。同じ道を戻る予定だったけど、通ってきた川沿いの道がかなり悪くて、背の高さまで伸びた雑草をババババババと掻き分けて来たので嫌になってしまい、知らない車道で戻ることに。方向音痴には不安。
でも思いの外走りやすかったのでそのまま進んでいたらうっすら見たことある場所に到着。なのでそこから現在の住居までの道を予想しつつ、Google先生に頼りつつ、体力が終了しないうちに家に到着。
距離42.4km、Ave16.8km/hという一人じゃないと絶対こんな低速でポタれないって早さだけど、だからこの距離をあまり負担に思わずこなせたのかなと思う。気温も23~26℃くらいで、この時期にしては驚くほど涼しかった。一人でマイペースにうろつくのも楽しい。(やっぱりパンク修理は真剣にやれるようにしよう)