読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

お一人でちょっとだけ

かんがえる れんしゅう

仕事中ぽっこりと時間があいた。
天気はそこそこ良いが夕方から明日にかけ雨予報。
絶賛風邪ひき中の旦那氏、何故かDolceさんに空気いれてる。

俺家いるからはよ慣れるために行って来なさいと。(家いるから→仕事緊急に何かあったら対処しとくから+出先でなんかあったら迎えに行くから、と勝手に解釈)
3回目にして初のピン行動(しかも自宅周辺)とは旦那氏もスパルタだな…自分の予定としてはまだ先だったのに。とは思うが仕方ないので、Routeさんで行き慣れた環状線の某S駅手前まで行くことにした。距離の割に適度なアップダウンで自分的には良い運動になる。あとはいつも通っている道なら安心だし、乗り心地の違いなんかもわかりやすい。

んで、お気軽ユニクロ装備で出発。当たり前だけどCRより道路は狭くなったり広くなったり、人や車が多かったり、左右見ることが多かったり、ブレーキも頻繁で心身ともに疲れる。
比較的走りやすい場所に出ると、この辺のアスファルト悪いところはさすがに振動マイルドだなーとか、加速は重いけど一度スピード乗ると安定して落ちにくいって本当だなーとか、あれここって微妙に下り坂だったんだ?とか、実感あまりないけどスピード結構出るなーとか、Routeさんより下り坂が怖すぎて手が疲れるなーとか、上り坂は思いの外楽ではないから変速上手く使わなきゃなーとか、色々気づく。

で、ゆっくり走りながらお尻や手をもぞもぞしたり、背中と腰曲げ伸ばししてみたり、肩の上げ下ろししてみたり、ハンドル握る場所変えてみたり、平坦なところで止まったり発進したり乗り降りの練習したり、一人だとこんな感じで色々考えながら乗ることが出来てそれはそれで練習になる。

1時間ちょっとで大体15kmくらい、復路でちょっと小雨降ってきて焦って急ぎすぎて酸欠気味になってしまったけど(ダメ押しの向かい風と上り坂で死亡)無事帰還。緊張したなー。背中も腕も手も足もだるい。

結局次の日も午後から天気が回復し、同じように時間があいたので、旦那氏(まだ風邪ひき中)に同じように放り出され、同じようなコースを往復。ブレーキ、ちょっとは慣れてきただろうか。もう人差し指と中指だけで握るのは無理なんで3本指か下ハンで何とかする…。あとある程度背中や腰が出来てこないと(体幹?)腕や足に負担かかって長距離乗れないからそこは頑張るしかないなぁ。体幹ぐにゃーな人だから厳しい。
それと、そろそろ少しサドル上げたほうが良いかもしれん。不安ではあるが漕げてくると足つらいよなぁ。