読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

にかいめ

1週間後再び乗り回す。相変わらず平日は厳しいし、まだ旦那氏と一緒じゃないと不安なもんで。
先週通った川の反対側を、今度は逆に向かって進む。桜は先週よりもだいぶ散ってしまったけどまだまだ健在。人出も健在。なんか肉を焼く香ばしい香りが漂っているよ…。なんだここは北海道か何かか。

悲しいことに1週間経つとリセットされ、相変わらず乗り降りが出来ない。何だろうこの鈍臭さとアホさ加減。そしてブラケットを握る手もいまだ不安定。

なんか、凹むことが多かったので箇条書き。

  • 行きも帰りも何故かほとんど向かい風と横風。気持ち良く走れたのは少しだけ。無風ひゃっほうと思ったとたんに(ただの追い風)ゴーっと向かい風に。
  • 所々、昔の土手みたいなダートな砂利(昔は土手の殆どがこんな感じだったけど)が多く、スリップとパンクと尻痛の恐怖に怯える。
  • どっかのローディーカップルの目の前で角曲がったら車にプップーされ恥ずかしいやら申し訳ないやらごめんなさいごめんなさいと涙目。(しかもお世話になっているバイクショップの目の前)プップーされるの駄目なんだよこれすごい凹んで後々までベコベコになってる。
  • ショップの店長にサングラスいまいちでーと相談すると、今かけてるのはメンズタイプだしはっきり言って奥様に合いませんと言われる。平たい顔族には全然駄目なんだってさ!こんなもんだと思ってたよ!やったよ買い直し!…orz
  • 帰ろうとするとチェーンロックの鍵が無いことに気づく…(血の気が引く)よくよく記憶をたぐり寄せると、中継地点にしていた実家に小銭入れごと忘れてきたことを思い出した。で、母親に持ってきて貰うというこれまた恥ずかしい事態。
  • 手、痛い。うまくブレーキ握れなくて相変わらず下り坂が怖い。あー補助ブレーキ相談してみるんだったかなぁ…デメリットは某メーカーのお兄さんに前聞いたから承知してるつもりだけど。しかも握る関係の筋肉がまた筋肉痛。ほぼ川沿いのCRでこんなんだから、街中行ったらどうなるかわかんない。
  • 色々な都合(主に鍵忘れた件)により少し1人で走らなければならない事態が発生。段差ー車ーおっかねぇよおっかねぇおっかねぇ!あぁぁしかも母親こんな時に電話してくるし!


メンタルもぽんこつなので、しばらく立ち直れません。
あと先週と変わらない筋肉痛。慣れろと言っても週1じゃぁ無理かな。でも首だけは先週よりもましかも。距離が短かったからってだけのような気もするけど。

しばらく折りたたんだままのRouteさん。なんかきみが恋しくなってきたのは気のせいかな。気のせいだな。