読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

ここ数日のちょい乗りメモ

ぽたりんぐ かいもの

単独記事にするほどでもない行き先や服装や天気のメモ。

***

2/19 お仕事の日

大体気温16℃くらいの晴れ。(tenki.jpのログより)日向はかなり暖かいけど、風は弱めで冷たい。
コールドギア(薄手)+モンベルジャージ+ユニクロウルトラライトダウンフーデットベスト。ベスト安くなってたから買ってみたけど、まぁ素の値段だったら絶対買わないだろうなぁという感じ。でも脇だけ薄いフリースになってて思いの外モサモサしてないし、薄手で軽いから悪くはない。下はユニクロジョガパン。

咲き始めた梅でも眺めながら小一時間ポタポタしようと思ったので、薄手インナーにダウンベストという選択をしたのに、走り出したらちょっとアップダウンの洗礼を受けてこようと切り替わってしまい環状線へ。往路は下りが多めなので、暖かいけど風は冷たいという状況ではお腹も冷えず、暑くもならず丁度良かった。
んだけど、予想はしてたけど復路は登り多め。案の定暑い。ポケッタブルなので脱いで畳めば良いんだけど、面倒なので前ちょっと開けて屈んで風を背中に入れながら走るというあまり人に見せるもんじゃない感じに。

まぁ軽い運動にはなった…。

往復約13km

***

2/21 お休みの日

昨日の大雨は止んで、お昼には道路が乾いていたのでぽたぽた。
気温15℃でもすごい晴れてるから暑いくらいなので服装に迷ったけど、エアリズム+コールドギア(薄手)+アンダーアーマーのパーカー、インナー付パンツ+ユニクロのストレッチジーンズ。お気楽ぽた予定なので服装もお気楽に。
ダウンベストを丸めてサドルバッグに詰めたんだけど、ポケッタブルパーカよりも少しかさばったのでパッカブルリュックとモバイルバッテリーは留守番。無駄な荷物多いのかな…普段の外出は割と荷物少なめなのに、こういう時はいざという時を考えてしまう。

往路は晴れていたので、薄着で多少寒いなと思っても漕いでいれば気持ち良い。主に車の多い大通りだったので、車にも人にも道路の状況にも気を遣うので神経も疲れやすい。そして座骨もダメージが比較的大きめ。
某観光地近くのK駅まで来てから引き返した。うっすら陽が陰ってしまって風も出てきたのでダウンベストを引っ張り出す。お腹あったかくて安心。急激に雲が多くなって風も強くなって、帰りは少ししんどかったけど、良い運動だったかなと思えるくらいで家到着。

着替えようとしてダウンベスト脱いで驚いた。背中の内側がびっしょり。そんなに汗かいてる!って感じはしていなかったし、インナーも重くならずベッタリせずにさくさく脱げたから、今日着てた物って汗抜けに関して優秀なんだなぁと改めて思った。

往復約21km

***

2/27 お休みの日

晴れ。多分気温は9~11℃くらい。風は弱~ちょっと強め。
暖かい気がしたけど途中から冷たい風が強くなってきて、寒い。なのにダウンベストは畳むのが面倒だから持ってこなかった…。服装は、ジオライン+コールドギア(薄)+モンベル、インナー付パンツ+ユニクロのストレッチジーンズ。ジーンズ汚いんだけど普通に洗ってこの油汚れっぽいものって落ちるのかしらね…。

大体いつもゆるゆると13:00過ぎくらいに家出たりするんだけど、今日はなんとなく12:00くらいに出た。時間が早いと、途中で休憩しようとかあっち回ってみようとか思えるから、余裕が出て良い。っていうのはわかってるんだけどね、つい寒いなとか眠いなとか思って時間が遅くなる駄目な人間。

環状線をだーっと北上して某S駅付近に着き、周辺を何となくぐるぐる。気になる店をチェックしたり、時々Ingressちまちましたり。まぁ店は場所や外観のチェックだけで、また今度改めて来ようかと。
しかしこの駅は、いつ終わるかもわからない工事が続いてて走りにくい。線路渡れる道路が高架なので、迂回路を探したり、又はエレベーター使ったり、その先の交差点は工事の影響もあって面倒くさい歩道橋になっていたり、早く何とかならないものかね。

暫くうろうろした後帰路へ。いつもと違う道通ろうと環状線を外れ、しばらく行ったところで行ったことの無い方へ行ってみようと冒険(?)開始。だがしかし急に寒くなってきたこともあり、あっさり挫折。コンビニでトイレ借りておやつ買ってもぐもぐ休憩しながらGoogleMapを眺め、よくわからないので(はっきり言うと微妙に迷子)徒歩コースのナビに従って再び走り出したものの、当たり前だけど激坂(自分の中で勝手にドーナツ坂と呼んでいる)やら、ちょっとどころではない階段とか、気がつくと妙に見晴らしの良い場所に出ていたり…こんなの予想はしてたけど望んではいない。

マジここ何処と思いながら涙目で前転しそうな坂を下っていったら、あっさり知ってる道にポイっと出た。おしまい。

往復?約24km(だがしかし時間は3時間超)