なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

ロード試乗

先日、「自転車がほしい」と言う旦那氏友人と旦那氏に付いて行き、少し遠くの某有名メーカーのショップへ。そこは試乗も出来るので、何を買いたいのかも迷い中な友人には良いだろうと。

 
友人がクロスとロード一台ずつ試乗すると言うので、私も試乗してみることにした。なんか並んでる試乗車見たら急に怖じ気づいてしまったんだけど、私サイズ(大体レディースモデルでも最小)の試乗車って、少し大きいショップでもプロショップでも普通置いてないんだからこれを逃す機会なんてあるかー!なんてケツを叩かれいざ試乗。
 
ロングライド向けのミドルクラス。跨ると股下~トップチューブは結構余裕があってなかなか安心感がある。サドルは、初めて乗るものなので足のつきやすさ優先して通常の高さよりも低め。ドロップハンドルは初めてまともにポジション取って握ると、幅は狭いしブラケットはやたら不安定に感じるし何だか急に自信を失う…。
店のお兄さんに自転車歴を聞かれて、フラットバーのミニベロだけですわ〜なんて言ってたのに、かなりのステップアップですねハハハーなんていいながら細かい説明もあまり無くギアチェンジの説明だけしてポイっと放出された。こんなんで大丈夫なのかよ。と思いながらも何とか出発。
漕ぎ出した瞬間感動するよ!なんて良く聞くけど、漕ぎ出した瞬間ハンドルのあまりの不安定さにガクガクブルブルしながらヨロヨロ進んでたのでそれを感じている余裕もなかった。基本的にどんくさい人ってこれだから嫌だ。
で、漕ぎ出しは歩行者も多く避けるだけで精一杯なので怖かったけど、心の中でギャーギャー叫びながら某サイクリングロードに入り少しスピード上げると急に安定し、前に転がろうとする力が自然と働いているような感じになった。なるほど、この感じか。確かに軽くて、勝手に前に進んでいく感覚。普段はミニベロ(ミニベロって転がる気が無いよね)乗ってるから余計にそう思うのかもしれない。
アチェンジもスムーズで操作しやすいけど、やっぱりブレーキングは不安すぎ。緊張していたのもあるけど、手のひらから手首から肩までガッチガチに体重かかって疲れる。腰で支え…と思ってもぞもぞしても体幹なんてゼロだからなかなか難しい。そしてサドルとお尻の関係も今までよりシビアかも。サドル探しの旅…とかノーパン…とか頭をよぎる。
 
一旦帰還。一緒にクロスで走ってた友人がロードに乗り換えるので準備中、店員のお兄さんが違うの試してみます?なんて言うからレース用のスポーツモデルを出してもらった。ちっさいサイズが複数あるなんてありがたい。
まず軽い。レース用だけあってデフォルトで8キロきっている。これくらいの大きさのものがこの軽さって、何だか不思議な感じ。跨るとトップチューブが殆ど下がっていないので股下ギリ。空力重視だからかも。焦って降りたりしたらこれ完全に股間打つわな…。サドルは最初のと同じ高さにしてもらったはずなのに、跨ってポジション取っただけでなぜか物凄い不安感がある。わからんけどなんか怖い。
無理だと思ったらすぐ降りていいですよ、と声をかけられながら再び走り出すのだがさっきにも増してハンドルが不安定すぎてマジ怖い。さっきと同じサイクリングロードに入り歩行者が途切れるまでの我慢と思って頑張ってみたけどきっと凄い顔してたと思うしいやな汗かいた…。
で、途切れたのでスピード出し始めてみた。が、さっきのが「勝手に転がる感じ」だとしたら、これは勝手に転がるどころか「前に引っ張られている感じ」えーと、なんか凄い。
ほうほう、と思いながらシフトをカチャカチャしてたんだけど、アスファルトが荒れてる場所に来たらえらい振動がダイレクトにやってきた。あ、ここだけだったらRouteさんといい勝負…。同じ所を走っていたにもかかわらず、さっき乗ったのは殆ど感じなかったから、ロングライド向けに振動吸収されるよう出来ているっていうのは本当なんだなと妙に納得。

アップダウンも無く、時間もそれぞれ10分程度だったのでそれ以上のことはわからなかったけど、加速していくと全くの別物なんだなということはわかった。姿勢につ いてはRouteさんでもそもそもハンドル最低にしているせいかそれほど違和感は無かった。まぁサドル上げたら辛くなるかもしれないけど。ただ手に体重か かって疲れるから体重分散させなきゃいけないけど、体が出来てないとそれはきっと難しい。
 
短い時間とはいえ、2台乗れて良い経験したと思う。あんまり自信なかったけど意外と乗れてびっくり。店員のお兄さんにもそれほど不安には思われてなかったらしいし。ただ体力つけなきゃいけないのは大変そうだ。所謂「体幹を鍛える」ってやつね、ばばーは体力も筋力もつきにくいから自信ないわ。
あとはその他の自転車の仕様や補助ブレーキやグッズの話を聞いて店を後に。(しまった、お世話になったのになんも買わないで出てきてしまった…)なかなか有意義だった。