なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

月刊じてんしゃメモ Vol.40 (8月)

KUSOATSUKATTA!!!!(自重)

8/4 ~プチ遠征~
とにかく異常に暑いので何もする気になれず。山へ行けば涼しいけど登れない登りたくない。んでその中間取って、標高は高いけど終始ほぼ平坦という富士五湖を目指してトランポ。
ちょっと曇っているけど気候はまぁまぁ、意外と湿度が高くて暑く感じる。昼になってカラッとはしてきたけど、その分日差しがきつくなってくるし、毎日ノートレでゆるっゆるの足腰は速攻悲鳴上げるし、五湖回れずDNFとなったのでした。

8/12 ~不安定な天気~
お盆休みだというのにどうも天気が不安定。予報がころころ変わったり、直前になって全然違う予報になってたり、翻弄されまくって予定が立たず。なので予定組んでってことが出来なくてこの日は夕方から、「もー降らないだろ」ってことでちょっとだけいつものコース。旦那氏に終始後ろから煽られていたのでツラみ…。

8/15 ~プチ遠征②~
明日こそは天気よし!と友人数名と共に出かけたとある避暑地。だがしかしその日の朝になって、台風の影響もあるのかお昼を待たずして雨の予報に変わってしまった。取り敢えず行けるとこまで行くかと最初の坂をえっちらおっちら登り展望台についたところで雨雲をチェックすると、あぁこれはもう駄目だ進行方向にモロにやってくる。で、審議の結果雨雲から逃げるように元来た道を引き返し、適当にその辺走って霧雨にまみれながら駐車場に戻ったのでした。ということで予定距離の半分も行かず。
でもねぇ…練習不足とアップ無しスタートの辛さが半端なくて、走りきれるかどうかかなり不安だった所もあったので正直ちょっとほっとしてるというか。完全に駄目なメンタル。
しかし…ちょっとした登りで他の人が見えなくなる程差が出てしまう。旦那氏はアテンドなので自分についているわけにはいかず他のベテランさんに後ろにいてもらったのだけど、着いている方も先行して途中でちょこちょこ待っている方も、こんな細切れじゃなくもっと気持ちよく走りたいだろうなぁと思うとやっぱ申し訳なさがすごくある。その方達も色んな事情でお楽しみライドはそれほどしていないのは知ってたので、余計に。色々考えたりもするけど、考えまとまらない。

8/19 ~ちょっと涼しい~
旦那氏とどっか行く?みたいな話しててそれを呟いたら、乗っかりたいという友人が数名釣れまして、あれよあれよという間に結構ヤバめなメンバーとルートになってしまったので自分は断念。ゆっくり行くから来ればとは言われたけど、まぁ面子的に絶対そんなこと無いしその面子で旦那氏を縛るのはあれなんで、また今度というわけで。
でもカラッと晴れて気温も高くなく、勿体ない天気なので自分は自分で適当に1人マイペースライド。やっぱ真面目にリハビリしないと色々駄目だなぁ。若干体の違和感もあるし諸々何とかしないと。で、途中ちっちゃい滝見つけて癒やされてみたり穴場のかき氷屋さんでのんびり涼んだり、1人は1人でそこそこ楽しく走ってきたのでまぁいっかな。

8/25 ~ショップのカフェライド~
久しぶりにショップがゆるカフェライドやると言ってたんだけど、こう連日早朝から猛暑とかやられるとそれさえも行く気にならず。でもかき氷屋との事なのでドタ参。なんかドタ参多くてわらた。片道15kmくらいをゆるっと走り、着くの早すぎるとの事で予定になかったアップダウンを走らされて汗だくになり(呪)さぁこれで美味しくかき氷が食べられるー!とイソイソとお店へ。選んだマンゴーが超大当たりで美味しかった!
そして戻りはじりじり暑くて焼け焦げそう…止まる度に暑い暑いを連発。ショップへ戻ってちょっと涼んだらすぐ帰宅したのでした。待ち時間も長かったから帰宅遅かった割に全然走ってないけど、これまともに走ってたら絶対死んでる天気だったので良かったんだよきっと。

8/27~8/31 ~連日トレーナー乗せられる~
あまりにも劣化が激しすぎて色々体調にも影響が出てきた為に泣く泣くスマトレ乗ることに。3ヶ月ぶりか…酷いな。
取り敢えず夜では無く朝トレ。基本60~110wくらいでアップとレスト入れて60分。1日目普通にゆるくやってたら諸用にて48分で中断。2日目座骨痛い。3日目疲れが溜まってきて体が重い。4日目足回らない。5日目なんかもうしんどくて嫌になる。
取り敢えず仕事も余裕があったこともあり5日間連続で出来たけど、全くなにもせず夏の間過ごしてきた身としては非常にツライものでした…。
うん、このペースでは続かないけどせめて週3~4くらいは出来たらいいなと。





GoogleMapでエアライド

エアライドって言っても、仮想サイクリングであります。

暇なときによく「なんか良い店無いかな~」とGoogleMapでカフェやレストランなんかを適当に探しているんだけど、いつの間にかストリートビューエアライドを繰り広げていたりとかそういう感じ。
で、エアライドとかいうタイトル付けた割に本題はちょっとそこから離れる気もするんだけど、サイクリング中に寄れるお店探しってなかなか難しいなぁと思うっていう話。

自転車が趣味と言うと、大体手段が目的化している方が殆どだと思うので、本来の目的なぞ大して重要では無くなりがち。でもどうせなら快適で美味しくて素敵なところが良いよねってことで、サイクリングに丁度良い目的(本来の意味での)があると楽しむことが捗る。
あと、大体どこかサイクリングに行くときは目的とルートが決まっていて、当てもなく行き当たりばったりなサイクリングに憧れるけど多分それは自分には難しい。思いつきでこの辺の何処かでなんか食べたいとか休みたいとか、あまりお店よく知らないせいもあるし。まぁ普通の道だったらコンビニも充実しているし切羽詰まることは無いしよく利用するけど、そういえばこの辺に…って思い当たるストックがあったら絶対楽しいと思う。
そんなストックを探しにGoogleMapを放浪しているのであります。

Map徘徊中良さそうなお店発見。
または、ネットでサイクリストさんがお勧めしている店をMapでチェック。

物販店?の場合イートインはあるだろうか。

お店の前は自転車置けそうだろうか。
ラックがあれば最高。サイクリストウエルカムなんだと思うと胸アツ。

なるべく自転車から離れずに席に着けそうだろうか。
または、外の見通しが良い席があるだろうか。
2Fはよほどでない限り遠慮したい。

ピチパンでも浮かないだろうか。
100歩譲ってサイクルスカートならOKだろうか。
(ここんとこの感覚は人によるけど)

食事やドリンクの内容はどうだろうか。

営業時間や曜日はOKか。

なんてことをGoogleMapや公式サイトや食べログの写真でチェック。そこを目指してライド計画立てるもよし、軽い補給のつもりで覚えておくもよし。
っていう妄想をしつつGoogleMapに保存の旗立てていったら旗が物凄い数になって逆にわからなくなってるという…。でも多分どっか走ってて、この辺になんかチェックしてた店とか無かったっけ?なんて思った時に役に立てばいいなぁと。

まぁ、実際役に立てたことは無いんだけどね。結局行き当たりばったりが苦手だったり、1人でお店入って休憩するくらいならさっさと家帰るわってなりがちなことが多いのでね…。この無数に立てた旗たちが役に立つ時が来るのだろうか。

駄目じゃん!(笑 ´∀`)





夏場の日焼け対策と顔面塗装

女性サイクリストは、夏場のメイクはどうしているのか。

この時期になると、皆どうしているの?とか自分はこうしているとか、そのような記事を目にする。夏場も頑張る女性サイクリストっていうのがあまり多くないのでそれらの記事をそれぞれ興味深く読ませて頂いている今日この頃、誰も得しないと思うけど自分のことも一旦まとめてみようかな、と。(別に夏場頑張っているわけじゃないけど)

ちなみに日焼け止め対策はあまり去年と変化無し。 
でもヘリオケア頻度低くなったのと(気休め程度なので価格の割に効果に疑問)、塗り直し用の日焼け止めの携帯は、スプレーはやっぱり嵩張るのでやめて、若干安めのものを小さい容器に詰め替えて持参するようになった。


メイクをしているかしていないかとざっくり言っても、ベースのみでポイントはしないとか、ベースでも日焼け止めのみとか、時と場合によって違うとか、色々と解釈はありそう。モチベUPの為にほぼフルメイクという方もいらっしゃって、尊敬するし意識高くて凄いなぁと思う。

で、自分はどうしてるかというとだ。
ちなみにスペックをざっくり晒すと、40代前半、色は白い方、それほど乾燥肌ではないけど若干アトピー肌、キメ粗め、クマ多し。
スキンケア意外のものを肌に乗せることをメイクするという前提で話をするとして、何故メイクをするかと言うと、まず大きな理由として日焼け防止の強化。あとは普通に外出する時そこそこのメイクをするのと同様。でもまぁだからと言って他人をどう思うかと言うと別にどうとは思わない。周りの女性サイクリストの中では全くメイクをせずすっぴんのまま健康的な小麦色を保っている方もいれば、それなりのご年齢でしっかりばっちりメイクしている方もいる。(しかも崩れないのが凄い)どちらも素敵なのである。

自分は普段メイク必須では無い仕事環境なのでしないけど、スキンケアはしっかりやらなければとは思っている。面倒でケアを怠ってしまったり、どうせ誰も会わないしと朝から顔を洗わず仕事に没頭してしまったりなどは時々あるけど、やっぱり普段の肌のコンディションによって、過酷な状況に晒した時の耐性が全く違ってくると思う。ライド前ライド後のケアだけ頑張るというのは無駄ではないけど、ベストではないなと。カーボローディングとかウォーターローディングとか、そういうものと似ているかな。

で、前提長々書いちゃったけどやっと本題。
基本は普段の化粧水と、部分的な保湿。(冬場はがっつり保湿)
そこから先ついては時と場合によると書いたけど、自分の場合は、
●誰にも会わないと思われる短時間の練習程度。
  →日焼止めのみ顔と首と耳にぬりぬり。
●半日くらいの中距離ライド。(ソロか旦那氏と2人の場合)
  →↑にプラス、パウダーファンデーション。
●複数人での中距離ライド、丸一日の長距離ライド。
  →↑にプラス、マスカラと眉マスカラ、ティントリップ。時間があればチークとアイシャドウをささっと。そこそこ写真に写るかもしれない危険性があると思うとある程度何とかしといたほうが顔のっぺりよりも見苦しくないかなぁと…顔色も悪く見えるし。

そんな感じで結構シンプル。まぁあまり良い方法を知らないってこととライド前の時間って結構ばたばたしてるんでこんなものかなと。
化粧水は今のところハトムギ化粧水をたっぷり、部分的な保湿はアイクリームとヘパリン類似性物質を含む乳液(紫外線に対してどうかは分からないけど、これ塗らないと部分的に真っ赤でガッサガサになるので自己責任で使用)で整え、日焼け止めは勿論アグレッシブデザイン1択。


最近楽天Amazonでも売り出したんだなー。
(っていうか出店している店舗が扱いを始めたってことかな?)

ファンデーションは、パウダーはライド時にしか使わないしなぁと思ってケチってしまったので、一応UVカットで崩れに強いと謳われているプチプラパウダーファンデーションを水有りで。リキッドやクリームは、日焼け止めがちょっとベタつくので不向きかも。
マスカラと眉マスカラは滲みにくいフィルムタイプ(ただカール力に劣るので本当はまつげパーマかけたい)、眉は描かなくても怖くない程度にはあるので、書き足しはせず整えるのみ。ティントリップはDSで買った適当なものだけど、最初に塗って暫く置いて軽く拭き取って普段のUVカットリップクリームを重ねる感じで、塗り直しはUVカットリップクリームのみ。
アイシャドウやライナーは、普段もあまりやらないのでよほど時間があるときのみ。チークはすぐ取れてしまうし、夏場は常時真っ赤な顔してるので多分要らない…。

土台のカラー調整もしないし、ポイントメイク少なめなのでひたすらのっぺりとした顔面になってしまうんだけど、汗拭いたりフェイスカバーしたりするとある程度は崩れてしまうので、その見苦しさよりはマシかと思ってこんな感じ。崩れと言えば、汗を乱暴に拭わなければあまりベースが崩れる事は無いので、もしかしたらアグレッシブデザインを土台にするとそれ自身が汗水にめちゃくちゃ強いのでかなり保つのではないか…と薄々思っている。

塗り直し用の日焼け止めについては、あまり必要無いかとも思うけど一応詰め替えて持参。ただし、アグレッシブデザインではなくてドラッグストアに置いてあるようなものでFPS高めでウォータープルーフのもの。アグレッシブデザインは旦那氏が手足にも使うので結構消費が激しく、1度塗ったら塗り直しは比較的安い方でいいかなぁと。(ちなみに旦那氏、曇の日や短時間の日は安いほうを手足に使用)
ライド中酷く汗をかいたり顔を強く拭ってしまった時は、余裕があれば肌のザラザラ(塩とか砂とか)をさっと洗って、頬と鼻の頭だけ塗っている。

と、何だかんだと書いた割にこの手のことは万年模索中なのだ。でも日焼け止めについてはこのアグレッシブデザインが発売されてから割とすぐ飛びついてしまったのだけど、それから使い続けている。ファンデーションも、もっと崩れなくてお財布に優しいものは無いかとか、目元はもっと真面目に何とかした方が良いんじゃないかとか、それならどんな汗でもにじまない流れないなんていう神がかったアイテムはあるのかどうかとか、色々と。

あ、忘れてはいけないのが帰宅後のメイクオフ。日焼け止めが強烈なのでこの時だけはオイルクレンジング(専用じゃなくてももっと安価なものでOK)でしっかりマッサージしつつ落とし、洗い流している。これは旦那氏も一緒なのでオイルクレンジングの消費もまた激しい…。あとオイルは肌荒れしやすいので、シートパックでケアすることも多い。念には念を入れて!
数年後に後悔しないよう、できるだけのことはやっておこう。





月刊じてんしゃメモ Vol.39 (7月)

7/9 ~あされん~
久々に風も弱く天気の良い朝、仕事軽めだったので朝練。しかしもう6時半頃でじりじりと…。基本頑張りすぎずな感じだったけど、以前惜しかったセグメントだけアタックしたら運良くQOM取れた。んだけどログ見たら完全にそこだけ頑張ってる人になっててちょっと恥ずかしい感じになってしまった。

7/15 ~もうしょ~
3連休。しかし天気予報はどいつもこいつも高温注意と。んなわけで遠出などは考えず中日の1日だけ5時半出発の練習ソロライド。65km程走ったけど復路はもうあっつくて途中何度も木陰で休憩してしまった。まだ日陰はましだったから本当に日差しやばかったんだなぁ。しかし途中のロード乗りが集まる休憩所に人が結構いて、マゾいな…と思った。
最近、早朝ライドに丁度良いモーニング食べられるお店探してたんだけど、早朝でもこんなに暑いと食欲もわかないわ。

7/27 ~あされん~
もうね暑い暑すぎ。外出る気しない。ローラーもする気しない。1度やらないループに陥ると再開するまで物凄いエネルギー使うんだ…。
なのですが、色々都合がついて更に明日から台風なので金曜早朝にあされん。6時頃から何とか平坦30km走ってきたけどしんどい。体力も相当落ちてるなぁ。

***

長期天気予報の言っていた通り、7月は物凄い猛暑。これじゃ日の出と共に出発しないと駄目だ…それでも8時頃からしんどくなり始めて10時にはもうアウト。自転車乗らないでただ外に出るというのもつらい。そもそも暑さに強くないから慣れなきゃ…と思っていても難しい。慣れるとか慣れないとかよりそもそも無理!
と半ギレになった所で7月メモでした。すげぇ乗ってない…。





モバイルバッテリー

丸1日のライドではモバイルバッテリーは必須٩( 'ω' )و

半日程度なら必要無いけど、自分のiPhoneGarmin先生は多分バッテリーがそこそこ劣化しているので、やっぱり持っていた方が安心。
あとはうっかりライトの充電足りてなかったとか、いざという時のBluetoothレシーバーとか、サイクリングというアナログなアクティビティでも充電の必要な機器類は多い。あとvivosmartがmicroUSBになればラクなのだけど、まぁそれほど激しく放電はしないので1日のライドくらいでは今のところ大丈夫。ロングライド前の充電チェックは結構面倒(›´ω`‹ )

そんなわけで、持ち歩きに便利なコンパクトバッテリー(信頼と安定のANKER)を愛用している。


のだけど、最近どうも調子が良くない。前に比べて充電は遅いし異常に熱くなる。どのくらい使えば劣化するのか、というのはわからないけど、大体週に1~2回の充電で使用期間は約3年。継ぎ足し充電が多いのでこれが良くないのかなー。あ、ここまで書いて気づいたけど、去年の秋にプチ水没かましてそれから不調なのかも…?

充電遅いのはともかく熱くなるのはヤバイので買い換え検討。色々見てはみたものの、結局今の環境がベストなので同じ物の後継を買うかと思っていた所、旦那氏より「少しくらいかさばっても容量は大きい方が良い」とのアドバイス。でもライドという少しでも荷物減らしたい状況では出来るだけ小さいものを選びたい。容量と大きさと重さは比例するので悩ましい。

今まで使っていたものだと今持っているiPhone6(そろそろバッテリーやばい)が多分まるっと1回分充電出来る程度。ライド時は継ぎ足し充電で大体半分くらい、あとは念の為Garmin(これもバッテリー弱り気味)も充電、となるとそれで1日なら足りてしまう。なので現状維持で良し。旦那氏が言うようにもう少し必要になるかもという時は旦那氏のバッテリーをアテにしよう。そんな旦那氏、ライトとモバイルバッテリーが融合したようなとっても便利なものをいつの間にか購入してた。(じゃぁそのバッテリーくれよという提案は飲み込む)

そんなわけでANKERの後継をポチろうかと思っていた所、目にとまったのがこちらも信頼と安定のcheeroのバッテリー。


ANKERのものとほぼ一緒のサイズ感なんだけど、こっちの方が7mm長く1mm太い。でも容量は同じで15gほど軽く、値段はちょっと安い。
てなわけで、迷ったけど同じものもつまらないと(結局同じようなものだけど)cheeroをぽちっと。実物は確かにANKERより若干大きめだけど、軽いぶん多少握りやすい。小さくて重くてアルミ梨地のANKERだと、うっかりスルリと手から落ちてしまいそうになるので、この辺りはちょっと安心感がある。ボタンはサイドに付いていて押しやすく、バッテリー残量も見やすい。専用ポーチは付いていないけど、もともとANKERに付いていたポーチに入るので無問題。肝心な機能に関しては、普通かなー?携帯性重視して買ったので普通に使えれば良いわけで。

あと今回ケーブルも新調。


持ち歩いていたLightningケーブルがちょっとバカになってきたので、LightningとmicroUSBが一体になった三叉のもの。便利そうだけど、お安いものだし変態形状なのでまぁお試し程度の気持ちで。
ただ一点ありがちな誤算。Lightningケーブルの先端の根元がちょっと大きくて、自分のiPhoneに付けているケース(iPhoneの周囲がバンパーのようになっていて、ケーブル差し込む箇所の周りが覆われているため狭い)の形状的な問題でケーブルが挿さりにくい。写真見る限りではそれほど大きく見えなかったので大丈夫な気がしてたけど、微妙にアウトだった。でもバンパーは硬めのシリコンなのでぐっと寄せて押し込めば何とか挿さるな…。ここんとこちょっと削っちゃおうかなぁ。

まぁその部分を除けば大体普通に使えている。ただ高温になると充電が鈍くなるらしくて、ケーブル挿していても増えもしなければ減りもしないという状況になるっぽい。最初ケーブルかバッテリーがおかしいのかと思ったけど、室温では使えたから多分そうかと。あと高温だと体感6割くらいしかフル充電出来ない感じ。
ケーブルについては、休憩中なら良いけどライド中に充電開始となるとこの三又が地味に邪魔。

ま、取り敢えずしばらく使ってみようかと。