なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

ここ数日のちょい乗りなどのメモ Vol.25 (7月前半)

もうしょ…orz

***

7/3 ~疲れてたけど~
前日の日曜は用事の為一日出歩いていて、ふくらはぎや足の裏が非常に疲れて痛くなってしまった。そんなこともありだるかったけど、夕方時間空いた頃にちょっと乗りに。
とにかくライド中の暑さに少しでも慣れたいと思い、強度は上げないけど、気温も湿度も高くもわっとした気候の中1時間半ほどライド。しんどい…息苦しいし変な汗がだらだら出てくる。
暑いのは苦手、と引っ込んでしまうよりも、ちょっとでも耐えられるように慣らしていきたい。

7/4 ~あされん~
この日の夜から雨とのことだったので朝のうち行っていこうかと。目的は昨日と同じだけど、朝だから多少気温は…ってあまり変わらなかった。アホみたく早い時間じゃないともう涼しくないのかも。
で、この時間なので先日お世話になった交番のおばちゃんにちょっとだけお礼を。私が帰った後も周囲の区に問い合わせをしてくれたみたいでとてもお世話になったので。
しかし昨日と同じく暑い。曇っているのでむっしむし。汗はだらだらだけど引かないので何ともつらい。
暑いのって慣れるのかな?と少し疑問に思い始める。

7/8 ~筑波8耐!~
初レースデビュー!

7/15 ~燃え尽きた後はトレーニング~
例の如くイベント後は燃え尽きて、あと仕事のスケジュールがかっちりいかなくてなかなか外へ出られない状況だった。ということで久々のライド。
ショップの定期ライドなんだけど、以前もやった軽いトレーニング&カフェライド。結局何だかんだとまた総勢10人以上になってしまい、二つに分かれトレインとローテの練習。あー…難しい。引くのツラい。あと死ぬほど暑い。暑い暑いとは既に何度も書いてきたけどやっぱ暑いとしか言い様がない。
で、30km巡航2往復と暑さにやられギブ。あと1往復してくるという面々を見送り日陰でぼけっとしてたら片割れの集団がやってきて、どうかしたのかと普通に心配されるが…ただもう着いていけなくなっただけデス。結局飛んでいった面々は40km巡航とかしてたみたい。私いると全然練習になんないな彼らw
その後はまた美味しいパン屋で補給。ショップ帰還。時刻はほぼ正午、灼熱の中帰宅。暑さにはちょっとは強くなったかな♪と思ったけど、本格的に暑くなるともう慣れようが慣れまいがどうにもこうにもただ暑くてもう駄目だって感じになる…。





8時間耐久レース

初レースデビュー@筑波サーキット
走力は期待されていないポタポタチームなので、せめて暑さにだけは慣れておこうとここ数日ちょっと朝練など頑張っていたわけで。

ポタポタチームは取り敢えず順位は気にせず、雰囲気とライドを楽しもうぜーみたいなノリなので、レースの雰囲気を掴むにはうってつけとお誘いに乗ることに。
しかしまぁ、朝早くから場所取りに勤しむも既に気温がうなぎ登りで汗が噴き出す。何なの最高気温35度って。しかもほぼ無風。猛暑。灼熱。それを何となく見越して凍ったもの満載なクーラーボックス持って行ったけど、それ無かったら本当に死屍累々だったと思う。

女子更衣室とされている所に行ってみたら、クーラー効いた部屋に着替え用のテントが4つ並んでいたというだけの所。まぁ良く出来てるな、とは思ったけど部屋の外は結構スタッフも通るから「一人で入らないで下さい」とは書いてあるもののそんなん無理やん…と普通に着替える。涼しいので試走開始までここにいてやろうか…と外をちらっと見ると仲間が鋭意準備中。うん、駄目だな、と諦めて準備に参加。

初のサーキットは今まで走ったことの無い素敵な路面で感動。例えるなら、「朝一でぎゅっと圧雪したゲレンデにうっすら新雪が乗った状態で一番乗りして思う存分エッジ立ててでかいターンをする」みたいな。(例え…?)とにかくあっというまにスピードが出るしおっかないけど面白い。でもスピード出た分普通に体には負担かかり、緊張していることもあってすぐ心拍が大変なことになり脚もパンパン。難しい。

知らん人の後についてドキドキしたり、誰にもつけなくてヒーヒー言ってたり、前方の落車にヒヤリとしたり、左を通る特急列車にビビったりしたけど、怪我も無く熱中症にもならず無事終了。なんか実際14時間耐久みたいになってて疲労困憊だったけど、なかなか楽しかった。レースってこんな感じなんだと。
あと初が筑波で良かった。何故かってアップダウンがそれ程無かったから。もし富士スピードウェイとかそういう所だったら、ただもうしんどくてしょうが無いっていう記憶で終っていたかも。

順位?ポタポタチームだし聞かないでー。





ここ数日のちょい乗りなどのメモ Vol.24 (6月後半)

暑さも増し天気も悪い日が多い。平坦高速巡航の練習しなければならないので川沿いとかローラーとかで頑張らねばならんのだが…。しんどいな。あとちょっと減った体重が戻った。ぼよぼよ。

6/17 ~カフェライドかと思ったら~
ショップ恒例のライド。今回も前回と同じく2~30kmの予定でパン屋へ。のはずだったのに集まったメンツ(人数は少なめ)を見て、初心者向けのレースのレクチャーに急遽変更。おぉ…別に良いのだがそうなら朝ご飯食べてくるんだった…。
そんなわけで川沿いの人少なめな所をトレインやローテーション、高速維持の練習。4kmくらいを行ったり来たりしてぜぇぜぇ…。怖いわ難しいわ踏めないわで厳しい。
まぁその後はやっぱり美味しいパン屋でくつろぎ、走行距離の割に非常に疲労を感じながらの帰宅。
こういう練習って、大体ガチ勢がガチでやり合うから初心者の入り込むスキが無い。なのでほぼ初心者だけのこういう場で最初に教えてもらえたのは良かったなぁ。出来ているとは全然言い難いけどね…。
そういやレクチャーしてくれた店員さんに、後の着き方やポジションなど、チョット褒められたよ。

6/20 ~あされん~
曇、微風。ひっさしぶりの朝練。前回はまだちょっと肌寒かった気がするのにもうすっかり暑い。こんな時期だから、タイミングが合えば積極的に朝練行ければなぁとは思うけど…なかなか。
エンデューロに向けて高速巡航、というか30km/h以上維持を目指してみたけどなかなか持たない。呼吸もしんどいけど、脚回すのがしんどい。そして暑い。暑さはある程度慣れなきゃいけないから、去年みたく完全に引きこもっているわけにもいかないなぁ。

6/21 ~ろーらー~
激しく久しぶりに固定ローラー。ホームセンターでブロック買ってきて防振対策を少し強化してみた。去年末くらいに、集合住宅全戸に「騒音の苦情が来ててどこかわかんないけど気をつけて」みたいなビラが入っていて、書いてある時間帯も音の種類も全然違ったから多分うちではないと思うのだけど、(うちは記載されている騒音はあまりわからず)結構響くのかそれとも神経質な人がいるのか、どっちかわからないけどもうちょっと対策しようと。で、思ったまま半年くらい過ぎてたというねw
んで久々なのでまずは軽めに淡々と漕いでいこうと…うわーローラーってこんなきついんだっけ?あぁやめたい、もうやめたい、と序盤から思い続けて30分。5分クールダウンして終了。めっちゃきつくてヤバいなほんと。

6/23 ~あされん~
時間もほどほどにあり、天気も悪くなく、風も弱いので朝練。7時台なのにもう既に暑い。もうこれからは暑いしか言うこと無いんじゃない。
高速巡航の気力が無く普通に川沿いを走り、復路は車道で少しのアップダウン。なんかもう川沿いは日除け無いからジリジリ暑い。でも車道もだるい。高速巡航に適した道はあるにはあるけど、そこまでちょっと遠いから朝練では無理。

6/24 ~久々お一人様~
旦那氏は別件でトレーニングライドとの事なので、久しぶりにお一人様ポタリング。多少長距離走れるようになると逆に一人じゃ心細いし、別に一人で行く理由も無いので最近はほぼ旦那氏と一緒だった。ちょっと緊張。
ちゃんと予定立てていたわけじゃないので、ちょっとは通り慣れている道を中心に気になった店巡りをしようかなと。で、まずはいつものジェラート屋でダブルを嗜んだ後いつも通る所にあるパン屋へ行き、店の前のベンチでのんびり休憩。この日も暑くて、あまり強度を上げない事と、水分をちゃんと取る事に気をつけた。(強度は車道通ってると自然と上がってしまうので微妙だけど)で、アイスのお代わりにあそこのソフトクリームかあそこのかき氷屋か…なんて思いながら再出発。だがしかし、パン屋休憩で思わず一気飲みした炭酸が段々とお腹でぐるぐると…。いかん、冷たい物はもう止めとこう。しかし普通に喉が渇くので水分補給をすると、ぬる水にもかかわらずお腹の中で異様な存在感。あぁ、もう帰ろうw
って感じで帰宅だったけど、それでも72kmくらい。この暑さの中で一人よく頑張った。多少なりとも暑さには慣れておかなければと思ったので、何とかこなせて(?)良かった。
それなりに楽しかったことは楽しかったけど、二人以上のライドばかり(あされんは除く)だった最近に比べると精神的に飽きが来た感じ。あと遠くに行くともしトラブった時不安になるなぁと思ってなかなかもうちょっと先に、という感じにはなれない。せめてパンク修理は復習しておくかなぁ。

6/29 ~あされんでひどいめにあう~
今日を逃したら暫く雨~と思い仕事前にちょっと早めの朝練。かなり湿気があって最初は息苦しかったけど、慣れたのか湿度下がったのかそのうちそれほどでも無い感じに。
それでまぁ復路しばらく走った所でスマホが無いことに気づいて焦りながら戻り始めたんだけど(この時の瞬間最大心拍数が180超えた)探しながら走るも見つからず。結局無いまま折り返し地点に戻ってしまったので、そのまま交番で遺失届を出しダッシュで帰宅。PCからロックをかけ、一応警察署に自宅の電話番号を伝える為連絡し、その時キャリアから使用を止めろと言われ素直に止めたら位置情報が不明になる。動転してたとはいえやらなきゃよかった。で、予定より1時間半くらいロス。後半は無駄に強度の高い練習になってしまった。
その後、時間的にヤバくなった今日の仕事を慌てて片付け、放心状態になった夕方頃にキャリアからマイページに連絡があり、警察署に届いているとの事。警察よりも連絡早いわ!それで受け付け終了時間が迫っていたのでまたダッシュで警察署に行き、無事回収。川沿いで落としたから絶望的だと思っていたのに、優しい人が拾って近くの施設まで届け、そこから駅の派出所に運んでくれて、警察所行きとのこと。あぁぁ神様!!今度は気をつけます…。
敗因:ポケットにフェイスカバーと一緒に雑に突っ込んだ為ぽろっと落ちたと思われ。




ここ数日のちょい乗りなどのメモ Vol.23 (6月前半)

梅雨に入り、毎年の通りした瞬間は曇天だけどその後は暫く好天。これを逃すまいと気持ちだけは頑張るけど体がついていかねーっす。
来月ちょいとエンデューロ的なレースに参加することが決まってしまったので鈍った脚をどうにかせねばと気にしつつも、すっかり重くなった腰が上がらない…。今までロングライド向きの乗り方しかしてこなかったから、急にレースなんてどうしたらいいんだ。

6/2 ~ショップライド~
毎月恒例のショップカフェライド。今回は片道10kmちょいをゆるりと走りパン屋で軽く朝食を取るという予定。事前の参加者状況は2~3人との事だったのだが行ってみると当日は10名というゆるイベントの割に盛況。まぁこれもいつものことだけど予定していたお店ではキャパ的に厳しくなるという。どうにかなるけど。
ゆるイベントなのに珍しい方が参加していたりとコミュニケーション的にもゆるりと楽しいライドだった。暑いので30km弱で終了。

6/3 ~平坦が好き~
まぁまぁ爽やかな気候だったのでそこそこ早く家を出て川沿いを南下。海沿いの某観光地付近へ向かうもちょっと時間が早すぎてごはん処の選択の余地無し。でもこういう所は何処入っても値段はともかく外れはあまり無いので開いてる店で美味しくお腹を満たす。
あまりアップダウンが無い道を選んだのに、平地で高速巡行を強いられ下手に登ったり降りたりするよりも脚が死にまくった気がする。3日くらい疲れが抜けなかった…。
んなわけで今日は97km376mUPだったけど、自分は気持ちが切れた後(=家が近いと気持ちが切れる)帳尻合わせとかしないんで100knには到達せず。

6/11 ~寝坊とか~
涼しそうなので某半島一周しようと思っていたけど寝坊で半周くらいに。途中旦那氏の急激な空腹により予定よりも早いランチになり、その後急遽かき氷屋に向かうなど計画外の事態が色々。ある程度地域を把握している所だから可能だけど、初めて行くような所だったら方向音痴夫婦は死んでいたかもしれない。
この先はよくわからんけど行くぞーみたいの繰り返して適度に登ったり下ったりしながら112km、503mUP、いつものことだけど翌日はよぼよぼ。





ここ数日のちょい乗りなどのメモ Vol.22 (5月後半)

服装やら気温やら、もう真夏並みの装備なので細かく書かなくてもいっか。(大して書くこと無いのにとうとう面倒になってきた模様)あと安曇野後燃え尽きた感をひきずって週末以外自転車に触りもしないという酷い状況。

***

5/21 ~とうとうAACR~
うむ、とうとうこの日がやって来た。結果的に120kmは暑さで朦朧としながらも完走。楽しかった。この半年を思うとなんか色々こみ上げてくるものはあったが笑顔で解散。詳細などはまた追々…。(FBでいいだけ書いちゃったからどうまとめようか困っている)

5/27 ~安曇野ロス~

日曜の疲れも抜けず、仕事が立込んでいたこともあり今週の平日はロードバイクには乗らなかった。なんか心ここにあらずな感じ。そんなんなので気分転換に久々にRouteさんでクロスの旦那氏とのんびり走ってみた。ショップに寄ってぐだぐだ喋って、とある良いものとか見せて貰った後、目的があったのでマップ見ながら某所に向かうも何故か道に迷い、志半ばで諦めることに…。方向音痴な二人ほんとやだ。
そんな感じで無駄に29kmくらい走ってしまった。Routeさんでこの距離はちょっとお尻が痛いのである。そして暑かった。

5/28 ~ツアーオブジャパン~
ショップの人のお誘いでバイクで都心へお出かけ。中心部近くへ行くのは初めてだったのでどきどきだったけど、都会慣れしてる人が先導だったので安心。あと日曜だし交通規制もあったし普段よりはすいていたみたい。
TOJはあまり興味は無かったけど、行ってみると独特の雰囲気がなかなか楽しい。スタートしか見ずにあとはランチして帰ってしまったけどゴールまで先回りして見届けた人もいたようだ。それも凄い。
都内はアップダウンが意外と多い。今回通ったところは川が幾つか横断しているので、登ったり下ったりするらしい。車が多い道はビビるよりもスピードに乗るほうが安全っぽいので、登りも出来るだけスピード落とさず登りたい。のだが割と無理だった。そこで頑張ろうとするあまり太ももの前側が痛い。うーん、距離の割に消耗した。