なにもかもぽんこつですから

えんじんもめんたるもぽんこつなあらふぉーのちゃりろぐ

今年の日焼けと暑さ対策

勝手に毎年恒例としている、「今年の日焼けと暑さ対策的なものの記事」なのですが、今年はまだ梅雨もあけておらず若干執筆が早いかと思うけどネタがアレなのでいってみます。 


 ↑去年の記事ですがほとんど変わっておりません。もうほぼ対策方法は固まってきてるので、特記すべき事は無いかと…。

で、約3回の夏を過ごしてきて、自分の場合真夏はどう頑張っても走れないということがわかりました。(というか諦めが付いた。)あんな酷暑の中走り回ってる方達はどんな体の構造してるんだろう。(←羨ましい。)

・超早起きすればいける!→結局出来ないし暑い。
・どこかワープすれば良いんだ!→しても近場では結局暑い。
・暑さ対策を完璧にして出発!→暑いもんは暑い。

なわけで暑さと日焼けに弱い状態は克服できず…今年の目標は「インドアトレとジム活充実させて、来たる秋に備える」ことになりました。
AACRの猛暑日は、まぁ具合悪くてしかも一睡も出来なかったとはいえアドレナリンもドバドバだったし湿度が低くて掛水がかなり効いたから良かったんだよなぁ、真夏の海沿い平地で掛水なんかしたらジットリで余計疲れそう。

結局フィジカル的な暑さ対策なんてもんは前日に栄養と水分を充分取って良く寝ることしかもう思いつかないのですよ。そして当日も適切な栄養と水分を取る。最終的には取り返しが付かなくなる前にDNF、あるいはDNSしてしまう。

はい、暑さ対策の話終了。

ってのも何なので、それほど暑くなくても対策しなければならない「日焼け」の方に目を向けてみたいのですが、これもまた過去記事にもあるようにアグレッシブデザインとフェイスカバーしか無いのです。あとはUVカットに関しては絶大な信頼を置いているパールイズミさん。(ただ今年のレッグカバーお前だけは全然駄目だ変なリニューアルすんなゴラァ)

結果的に去年と一緒です、なんて締めるのもまたそれかよって感じなので、今年新しく導入したフェイスカバーの事でも。

今まで愛用していたフェイスカバーはこちら↓


こちらのC型、口元が少し合わなかったり、前傾姿勢を取るとキツく感じたので手持の布を縫い合わせてマジックテープ部分を延長させたり付け足したり、結構手を加えてしまったけど使い心地良く仕上がって長らくお世話になっていたのですが、付け足した布やマジックテープ部分が段々傷んできてちょっと固定しにくくなってしまったり、そのせいで髪の毛やジャージの襟足をひっかけやすくなりちょっと煩わしく思う事も多くなってしまったので補修を考えてました。けど、そもそも不器用なのでまたあんなちまちました作業するのかと思うと面倒だなぁと…。

で、この手の商品って色々あるよね?と思い切って別のメーカーのものを購入することに。それぞれのメーカーが快適に装着出来るようにと工夫をこらしているので、それを試してみたくもあり(*'ω'*)

そして新たに導入したのがこちら↓


うん、印象としては大して変わらない。(ただ同じような柄付の濃い色選んだのは、そのほうがのっぺり感少なくてギョッとする感比較的少ないんじゃないかなと思うし、濃い色のほうがUVカット効果高いから。年甲斐も無く花柄好きなんだよ察して。)

印象も効果も変わらないんだけど、使い心地はやっぱり違う。

前者C型は、ある程度顔に密着する形に裁断した布に穴をあけてフラップを着けたり、鼻の高さを調整したりして通気を確保している。口元のフラップは見慣れない頃はパカパカしてちょっと面白い感じだった。生地の伸びは殆ど無いけど、適度なハリはあるのでマジックテープと耳のゴムを調節すればキツさは無く装着感は安定している。ただそのマジックテープは布小物の敵だったりするので、ちょっと気を遣う。
サイズも、前傾姿勢で髪の毛も入れてしまいたいという特殊事情が前提となると少々小さめ感あり。メンズ用の寸法を見てみたら、延長した布と大体同じ感じなのでもしかしたらそっちだったら加工ほぼ無しでいけるんじゃないかな。

後者ヤケーヌは、布の鼻部分に柔らかい芯を入れて強制的に肌から離し通気を確保している。なので口と鼻周りの開放感はあるけど、横から見るとかなり出っ張って烏天狗感が強い。ただ正面から見ると不自然な凹凸感は少なく、シンプルであまり違和感は無し。生地自体とフチが若干ストレッチするので安定感はある。首筋の固定は2カ所のボタンだけど、これはちょっとつけにくいかな。でもマジックテープよりは周囲を傷めないので良いかと。
呼吸のしやすさは、通常であれば前のよりも良い。でも激しい口呼吸になってしまうと、浮かせた布がペッと勢いよく張り付いて一瞬オフッとなる。でもまぁ口呼吸は良くないのでそれで鼻呼吸に切り替えるよう気をつけるみたいな…。そして何だかサングラスが曇る。停車中に息が上がってると曇る。前のが直接呼気を外に出すのに比べ、これは一旦下に抜くためか呼吸が荒いと下に抜ききれず上に漏れて曇るのかもしれない。
あと、一時的にずりさげると戻すのが面倒。前のは前側を戻すだけなんだけど、これは耳ゴムがしっかりしているからあまり伸びず、しかも上耳カバーに折り返しがついているので、耳カバーごとずりさげなくてはならない。まぁそんなことはあまり無いんだけど、ライド中写真撮るよーなんて時はもう100%覆面状態だよね。

そんな感じで、本当に一長一短。使い分けっていう方法もあるけど、C型は延長した部分(洗えるフェルト)がもう傷んできてるしヤケーヌさんに頑張って貰うしかない。余裕があればメンズのC型買ってみたいけどフェイスカバーだけそんなにあってもねと思うし。
そうだ、候補にパールイズミの専用品も考えたんだけど、そりゃ専用品だから良いに決まってるわ~と何故か食指が動かず、まだ可愛げのある他製品を物色していたのでありました。

長すぎた梅雨もそろそろあけそうなので、自分的にはこっそりとシーズンオフかな…。今年の梅雨は酷くて全然乗れなかったけど、ジムにぼちぼち通っているせいかそれほど鈍ってる感じはしない。でも実走となると全ッ然別なのはわかってるよ、特にロング。
むしろ足は鈍っている。

ジム活もむしろ日焼けと暑さ対策の一環と言っても良いくらいだよねー。(乱暴)





月刊じてんしゃメモ Vol.50 (6月)

梅雨入りー。

6/4 ~スマトレ~
まぁそろそろ元気も出てきたのでゆるゆると1時間。微妙。

6/8 ~雨降る前に~
AACR後1週間ほどグダってその週末はじっとしてたり整体行ったり、んでこの週末ぼちぼちとどこかへ…と思っていたら雨予報。仕方ない梅雨入りしたんだもの。この日は結構空模様怪しくて迷ったけど、まぁ準備もしちゃったし午前中だけさっくりと。短時間で家からあまり遠くへ行かずにと思ってたので近所の周回練へ。そして行って後悔。夫氏容赦ねぇ…。3周絞られてアイス休憩して、じっとり空気にげんなりしてたけど雨雲はまだ遠かったので帰りにショップ寄って駄弁って点検して帰宅。
結局降りそうで降らない一日だったけど、周回練のせいでぐったり疲れたのでした。

6/12 ~スマトレ~
ケイデンス練再開しないとなぁと思いつつ、アプリでインターバル1サイクル設定してやってみた。取り敢えず、前後UPとDOWN充分取り、1分100rpm200w、30秒60rpm100w、5回1セットのみ。計25分、しんだ。

6/14 ~スマトレ~
またちょいちょいアプリをいじってインターバル設定。今回は前後短時間のUPとDOWN、1分100rpm150w、30秒60rpm60w、5回2セット、計30分。しんだ。

6/16 ~スマトレ~
天気良いがウエットで爆風の為インドア。インターバルが嫌になったので通常の1時間メニューだけどちょっと負荷上げて、前途UPとDOWN有り、20分90rpm130wを2セット。しかし前半で無理無理無理ってなって2回目は90%に落としてしまったへたれ。しんだ。
ケイデンスになると…未だにちょい膝違和感。やっぱペダルがクランクブラザーズのままだと駄目かなぁ、面倒だからそのままだったけど、こっちもタイムにすべきなのか。

6/22 ~ライド中止~
全然この1週間なんもしてないのに(ジムで筋トレとスイム以外)この日割と遠方へのショップライドにわけあって参加予定だったんだけど、前日夕方からの天気予報が微妙すぎて結局夜中までうだうだとメッセージアプリで会話をしつつ、予報は悪化する一方なのでアテンドさんにDNSメール発射して不貞寝。(結局朝に中止連絡あって、雨でも走ると残った変態だけで行ってきたらしい。)
なんかほんとやる気無くてスマトレもやらずジムでうだうだしてるだけだ…。

---

今年の梅雨は、狙い撃ちされているような土日の雨爆撃っぷりに辟易。6月の実走は短時間1回でしたとさ。
なんかね、段々無になっていくね。自転車ってなんだっけ?おそとってどんなんだっけ?みたいな感じ。












月刊じてんしゃメモ Vol.49 (5月)

まー、ぼちぼちと復活。ジム通いは続けているけど相変わらず筋トレと有酸素とプールのみの為特記することは無いのでもういいかな。

---

5/1 ~カタイィィ~
借りたSPD-SLで徘徊するも、脱着が辛くてテンションだだ下がり。多分今までのクランクブラザーズとは全然違う動きなので、そのクセもあって余計に使いづらいのだと思う。何となく何とかなる気もするけど脱も着もしんどいとなるとまぁどうしたら良いのかねと。で、ショップ寄って用を足して帰宅。22kmほどだけど疲れた…。(しかしカロリー消費足りない気がしてその後スイム。)

5/3 ~パンライド~
行ってみたいパン屋があったので、丁度良い距離ということもあり再度SPD-SLの練習とリハビリに出発。パン屋はなかなか良い感じではありましたが、色々お上品な為大人数で押しかけるのはちょっと向かないかなー。金属からカーボンに変えてみたらどうかね?と言われたので夫氏のアルテを貸して貰い50kmくらい走ってみたけど、感触の違いはあれど脱着の辛さはさほど変わらず。そんなわけで思い切ってTIMEのペダルを注文しにまたショップ寄ってしまったのでした。

5/11 ~久々ロング~
注文したTIMEが届いたので取りに行ったのが前日。それで着けて貰ったんだけどこの日いきなり久々ロングライド。大丈夫かなとかなり心配で予定より早く家を出て練習してみたんだけど、思った以上に脱着しやすかったので待ち合わせ場所に直行。150km弱平坦ライドをこなしてきたわけですが、膝は辛うじて無事だったものの、体力と肩腰ケツと完全に死亡。次の日いっぱい使い物にならない状態でした。ほんっとうにヤバイ。でも走れた。ペダルも殆ど問題無い。ただクリートがでかくてほぼ歩けない状態をどうしたもんかと。

5/18 ~ばてる~
80kmくらいのちょいアップダウンありのコース(面白くない)練習目的で走ってきた。…非常にしんどい。

5/20 ~おかしいな?~
筋肉痛も去ったので今日も元気にジムで筋トレ…しようとウォームアップにウォーキングしてたら何か体調が変。急にだるさが来たので筋トレはそこそこに帰宅就寝。お風邪を召したもよう。えっ、ここにきて!?

5/26 ~AACR~
膝痛治すのに必死だったのにここで風邪をひいてしまい治らず出走することになるなんて不覚。体調悪くてずっと苦しかったけど何とかセンチュリー走破。でも普通は風邪ひいてたらこんなん走らないよな?やっぱチャリ乗り変だよな?でも某SNSのジン○イ勢見てると大したことないと思っちゃうけど、(そもそも体やメンタルの構成が違うんだよなあのようなスゴイ人たちとは)チャリ乗らない人から見たら似たようなものかもしれない…。
そしてやはり負担は大きかったのか、その後更に悪化してしばし寝込むことになるのでした。







ペダル変える

その昔、ロードバイクを始めて4ヶ月過ぎた頃にビンディングペダルを使い始めた時、あまりにもチキンなのでどう暴れても外れるようにクランクブラザーズを選んだのだけど(当時はロードでそれはマニアックだねーとは言われた。)最初使っていたマレット1から変更したキャンディ3も見た目気に入っているし、もがくこともそれ程無いので特に不自由無く使っていた。


今回の膝痛事件でトレーニングやマッサージと平行してショップの方に相談したところペダリングを見て貰えたんだけど、まぁこれがいつの間にか痛みの出ている側のペダリングがめちゃくちゃになってた。後ろから見るとあまり分からないのだけど、正面から見て動画撮って貰ったら膝が内側に入ってブレブレ。インソール数種出し入れしたり、ペダルを変えてみたり(手間かかりすぎて感謝しかない)、結果左足はQファクターが右よりも何故か広いみたい。だからトップチューブ見ながら左右均等にと思ってると左膝が内側に入ったようなペダリングになってしまう。で、それが癖になると。
ってことで、「ある程度クリートの調整が出来るSPD-SLにするのも1つの解決方法。SPDでも少しは可能だけど、ペダリング効率を考えるとSPD-SLが良いのではないか。」との事なので暫く試すことに。クリートの調整をして着けてもらい、お店に転がっていた旧105ペダルをお借りし、帰宅。そして後日中距離数回ライド。

試乗会などで数回SPD-SLは試したことあったけど、自分のシューズでは初めて。試乗の時は上位グレードの試着用シューズだったからあまり気にならなかったけど、自分のはアッパーが柔らかいせいかすんごリリースしにくい。あとキャッチもすくい上げてはめるのがなかなか出来ず。発進してすぐに加速出来ない。1人だったらまだしもグループだとついていけんなこれ…。
脱着が今までのクランクブラザーズとは全く動作が違うので(硬さは勿論、捻る方向やインの感覚)かなり苦戦。ビンディング動作自体には慣れているとはいえ、数十キロの距離でかなり疲労してしまった。膝や足首も痛い。そしてシューズのつま先がハゲてきたわ。

でもこれで問題無く使ってる人多いんだよね?何故自分はこんなつらく感じるんだ。世の中の人はそれを我慢してるのか、克服してるのか…。と、どんよりしてたらカーボンのはどう?と旦那氏のアルテグラと交換してみたところ、感触は確かに違うけど脱着の辛さはあまり変わらず。そして旦那氏にはこの105別に硬くないし緩い方という感想を頂く…。

でもさすがに脚回してる感じは良くて、面で踏んでるってこういう感じかと、ロスが少ないと言われるのもこういう感じかと実感。今まで大して気にしなくて、他のペダルに変えるのが怖かったのとキャンディ3が可愛かったからクランクブラザーズ使っていたけど、非力な人ほどSPD-SL使ったほうが良いのかも…。

そんなこんなでぐんにょりしていた所、お勧めされたのがTIMEのペダル。一般的には脱着しやすいと言われるけど、人によっては大して変わらないとかむしろ使いにくいとか聞くし、これはもう使ってみるまでわからないとしか。あとTIMEは現状予備が無くお試しできないので購入一発勝負にかけるのみ。
散々悩んだけど、思い切って無難なXpresso4を購入。禿げ上がるかと思う程不安に苛まれつつも、ビンディング脱着に慣れてるならダイジョウブダヨーという周りの言葉(棒読み)に流されいきなり140kmライドに投入。


あ、右足乗せるだけではまった、漕いだ、左…???(クルンクルン)パチッ。お、これも裏表さえ分かるようになれば多分ラクだ。リリース…バチッってすげぇ音。でもグネって感じが無いから(SPD-SLはバネが若干グネってそれがつらい)パキパキした感じで外しやすい。あーこれは脱着に関しては全然大丈夫だ、というわけでペダルに関しては特に問題無く140kmライド終了。
次の80kmライドでは、フローティング機構やペダルの向きなんかを冷静に確かめつつ。フローティングとは言うけどフラフラ動くわけではないので不安定な感じではない。ペダルの向きはリリースを雑にしなければ次のキャッチで丁度良く踏み面が上に来る。などなど。
次は某センチュリーライド。歩きにくいのでエイドでの砂利なんかでは心の中で「ああああコケそうだしクリートが削れああああ」といちいち叫びながら歩いてたけどまぁ仕方ない。クリートのキャッチはそこそこ感覚で裏表判断出来るようになったかも。
いやぁ、泣きながらSPD-SL使い続けなくて良かった…。

ただ、クリートがでかくて高さがある。クランクブラザーズは元々3穴のロード用シューズに下駄履かせていたのでSPD-SLへの移行は大して違和感は無く、ちょっと不安定かな?くらい。TIMEのクリートはかなり存在感があるので、歩き方がさらにペンギン化。っていうかほんとに歩くのが嫌になるわこれ。カフェクリート云々とか言うけど、そもそも高さがあって歩きにくい。減りやすいので歩くならクリートカバー必須という話も聞くけど、それって更に高さが出て歩くどころではなくなるのでは。SIDIのシューズとあの高さの出るヒールを買うしかないのか?
とグダグダ思うわけですが、それでも一番大事なのは漕いでいる最中ってことは変わらないのでどこかは妥協せねばならない。他の人に比べて非力だという自覚はあるので、こういうところも出来るだけ抜け目ないようにしなきゃいけないのかもな。

そんなわけで、見た目の黒っぽさが増した我がロードバイクでした。(タイヤとホイールも変えて地味になってしまった)







ジムでプロテインを飲む為試行錯誤

仕方なくごく低負荷から筋トレを始めたぽんこつおばさん、ちょっとやっただけでも筋肉痛に悩まされていましたが段々慣れてきた所でプロテインについて考えてみた。

せっかく筋トレしても、早急に回復しないと効率も悪いし疲れも残るので、出来るだけの対処としてまずプロテインなのですが、ジムに持参するとなるとパウダーを別にしなければならずなかなか手間。周りをチラ見してると、大体の人がシェイカーにプロテインパウダーを入れて持参し、現地の冷水機で水を足して飲んでいる。しかし自分の場合水で溶くと飲めなくて、どうしても牛乳か豆乳でないと駄目でして…面倒くさい。
ザバスミルクプロテインの小さい方なら常温保存出来るし、まぁまぁ美味しいので扱いやすいのですが、毎回持参ってのもコスパが悪い。そして家に大量にマイプロのプロテインがあるので勿体ない。どうしたものか。

で、手持のもので何とかならぬかと色々考え、まず集めたのが↓の小道具たち。買い足したのは保冷剤くらいかな?


100円ショップにもよく置いてあるこの手のボトル。細身だし牛乳を200mlほど入れてシェイクするには丁度良い。あとある程度中身が見えにくいカラーだとプロテインのダマが見苦しくない気がする。まぁ気にしなければ良いんだけど。
プロテインシェイカーと違って溶けにくいのに、何故それでないのかというと↓


こんな形のペットボトルカバーに入れたかったからです。ポイントは全て閉まることと内側がアルミなどで保冷対策されていること。
なんせ中身が牛乳なので冷やしながら持ち運びたかったので、大きいプロテイン専用のシェイカーよりは細めのボトルが良かったのです。そして↓


お弁当用の保冷剤。できるだけ小さくて冷凍しても硬くならないものが使いやすい。(でも普通に硬くなるものよりも保冷効果落ちる気がする…気のせいかなぁ?)これをカバーとボトルの間にねじ込みまして。
で、あとはプロテインを別にして運ばなければということで↓


プロテインのパウダーを入れるただのポリ袋。ジッパー付だとプロテイン自体が入れにくいしボトルにも移しにくいので、(マイプロは軽量スプーンが大きくて量が多いので余計に)普通の小さめのポリ袋に入れて袋用のクリップで留めて、余分に長すぎる所ははさみで切ってしまう。作る時はボトルの口にポリ袋の口を突っ込んでザザーっと入れて袋はポイするだけ。
まぁちょっと準備は手間だけど、現地でスムーズに用意するには仕方ないと思うことに。

以上の道具を駆使して現地でプロテイン作成。もっと手軽な方法な無いかと模索していましたが、荷物や費用とのトレードオフになるのでこれもなかなか難しい。薬だと思って大人しく現地の水を使いダマを我慢して飲むのが一番楽ではあるんだけど(1度だけ給水用に使った自転車用ボトルに水足して作ってみたら酷く溶けにくかった)マズイの嫌なんだもん…。

しかしだね、ここまで揃えて何度か問題無く使っていた所、マイプロで50%オフ祭りが始まってプロテイン買い足すと同時にこんなんも買ってしまったのでした。


こういうプロテインの粉を別にしてセッティング出来るボトル、便利そうだなとは思ってたけど割とお高いし嵩張るので当初はあまり考えには入れておりませんでした。
しかしついでだし50%オフだし…と思って試しに購入。保冷対策はこれに合う保冷カバーが無いので断念したのですが、ジムのフロア内に多分誰でも使えそうな小さい冷蔵庫(中には色とりどりの怪しい液体の入ったボトルが…)を発見したのでそこに突っ込んでおくことに。
使ってみたところ、やっぱり専用ボトルは粉の持ち運びはスマートだし、網効果で溶けやすいし、飲み口小さくて飲みやすいし、悔しいけれど便利でございました…。ちなみにプロテインはマイプロの計量スプーン丁度一杯入りましたよ。

あと、このボトルってこれのOEMっぽかったので安価で買えてちょっと得した感じ。


こっちの方が色選び放題だから良いんだけどね。この値段だったら多分買わないのでまぁいっか。値段約1/4ちょいくらいでした。

そしてこのボトルに落ち着き数日、ジムが混んでる日は冷蔵庫も混み合っている事が多いことに気づいてしまった。そういう時やあまり長居しない時は冷蔵庫ちょっと面倒かもしれぬ。どうしよう…。
って時に、こんなものを発見。(またかよ)


こ れ だ … !
程良くゆるく、レビューや製品寸法見てもどうやら結構大きなボトルまでいけるっぽい。ただちょっと保冷機能が甘いのかな?しかしこういうほっこり商品にありがちな値段設定で結構高いのだけど、現物も気になるしどうしたものかと悩んでいたら、あっさりと近所で売ってるのを発見、即購入。やったシェイカー入るしブカブカで余裕あるから保冷剤も入る!なのでプールオンリーでフロア行かない時もプロテイン持ち歩けるー!

と、まぁ最後は結局あの試行錯誤は何だったんだ?っていう感じに落ち着いてしまったのですが、工夫に工夫を重ねるよりは少しお金かかっても専用品をさくっと用意してしまう方が良いこともあるかもしれませんよってことでした。なんか負けた気分ではあるけど仕方なし…。